温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【神奈川】箱根の美術館でキャンプ!?ポーラ美術館でキャンプイベントFOREST MUSEUM開催! アートと自然を同時に楽しめるレアなキャンプを体験しよう



箱根の自然の中に佇むポーラ美術館で行われる大人気のキャンプイベント「FOREST MUSEUM」が今年も開催されます。

美術館ならではの自然とアートを同時に楽しめて、アートに参加できてしまうキャンプとはいったいどんなものなのでしょうか。




今年で3回目、美術館でのキャンプ宿泊

写真:森の中のハンモックでお昼寝

都心から約1時間半という好アクセスな温泉地、箱根

歴史ある避暑地でもある箱根の自然の中にあるポーラ美術館では、モネやルノアールなどの印象派の画家たちの作品を展示しています。

爽やかな箱根の森と印象派の作品はぴったりマッチしますよね。

富士箱根伊豆国立公園の中という立地を生かした670メートルの遊歩道もあり、自然に囲まれた遊歩道もポーラ美術館の6番目の展示室と言われています。

四季折々の自然を楽しむことができるのもこの美術館の魅力ですね。

そんなポーラ美術館で3年前から実施されているのが、宿泊キャンプイベント「FOREST MUSEUM」です。

美術館の敷地内でのキャンプ…と他では見られないイベント概要は

美術館の敷地内の森のハンモックでゆったり過ごしたり
夜間のギャラリートークへの参加
野外映画上映……

などなど。

写真:ペンライトで描くアニメーション映画の制作に参加!

そして今年、初めて行われるのが参加者が一体となってアート作品を作り上げるというワークショップ

クリエイティブユニット「TOCHKA(トーチカ)」による、空中にペンライトで絵を描いてアニメーションを作る参加型のプロジェクトだそうです

森の中でのアート作品作り、その中に参加できるなんてとてもワクワクしますよね。

さらにこのワークショップで作られた作品は、その日の夜、野外映画のスクリーンで上映されるのだとか。またミュージシャンがBGM音楽を映像に合わせてその場で制作するなど、臨場感あふれる作品が生まれそう。

写真:森の遊歩道の敷地内に映画のスクリーンゾーンが設営される

1日目にはワークショップの他に、夜の美術館でのギャラリートークも。学芸員による説明を聞きながら、美術館を貸切で楽しめるなんて贅沢ですよね。

小鳥のさえずりを再現する「バードコール」という木の遊具づくりの時間もあり、23時にテントで就寝するまで、あっという間に1日が過ぎていきそうです。

写真:バードコールづくりも体験

森のカフェでゆったり過ごす2日目の朝

写真:朝の森の空気も心地よさそう

アートを存分に楽しみ、テントで宿泊した翌日は、森のCafe & Barがオープンします。森の中に椅子やテーブルがセッティングされ、清々しい朝の森の空気の中で富士屋ホテルのパンとスープを

コーヒークリエイターによるコーヒーのワークショップも行われるようですよ。

朝の森の爽やかな空気でいただく本格的なモーニングコーヒーで清々しい気分になれそうですね。

そしてキャンプの後は箱根の温泉へ!

料金には、箱根湯本の日帰り温泉施設「箱根湯寮」の入浴券が含まれているんです

箱根湯寮では、箱根の温泉を満喫できる大浴場はもちろん、リクライニングチェアが完備されたうたた寝房など、リラックスできる空間がたくさん。

日帰り温泉施設の食事処とは思えないほど料理にもこだわっていて、囲炉裏を配したテーブルでの炭火焼きなどを楽しめます。

箱根温泉でのひと時、ゆっくり疲れを取ってくださいね。

FOREST MUSEUMでのキャンプは、テントなどのキャンプ用品は全て準備されているので、気軽に参加できますよ

申し込みは7月13日までの抽選制となっているので希望の方はお急ぎを!

(まとめ・文:mashiro)

ポーラ美術館「FOREST MUSEUM2019」

https://www.polamuseum.or.jp/exhibition/event/2019/2019090701/

開催日:2019年9月7日(土)・8日(日)

所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285 GoogleMAP

申込期間:2019年6月21日(金)10:00 ~7月13日(土)17:00 (抽選制)
参加費 :1人 23,000円(税込)

問合せ:
ポーラ美術館
TEL:0460-84-2111

ホテル料金比較『トリバゴ』で近くのホテルを調べる




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »