温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【宮城】三陸名物の「ホヤ」をいろいろな料理で!キラキラの絶品生うに丼も。水産会社が母体の南三陸ホテル観洋

東北の山沿いには、名だたる温泉がたくさんありますが、三陸海岸沿いにも温泉があるってご存知でしょうか?

宮城県内では珍しい、太平洋沿岸に湧き出た温泉を使用している南三陸温泉。海に突き出たような露天風呂は、まさしく「インフィニティ風呂」!ホテルの立つ天然の岩盤を生かした岩風呂で、開放感も抜群です。

宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋

宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋

写真:水平線を望む絶景露天が楽しめる南三陸ホテル観洋

さて、そんな「南三陸ホテル観洋」の名物といえば、殻付きウニ、タコしゃぶ、アワビの踊り焼きといった豪華料理付きの宿泊プラン。スペシャルなお料理が付くのに、お手頃な価格で泊まれてしまうのが魅力です。
例えばこんなプラン。
【三陸産岩牡蠣と鮑の踊り焼プラン】

宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋

写真:夏の料理コース例。あわびにフカヒレ、ウニ釜飯など豪華!




なぜ、そんなことが可能かというと……
ホテルの母体が、気仙沼の阿部長商店という水産会社だから。新鮮な海の幸が毎日入荷されているので、ホテルでもその恩恵をそのまま受けられるのですね。

さらに、東北以外の人にはちょっと珍しい食材の「ホヤ」も、別注料理で楽しめます。

宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋

写真:三陸名物ホヤは新鮮でこそ旨い!7~8月が特に美味!

・ほやの天ぷら@540円 写真:左
・ほや酢@648円 写真:右

宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋

などで、現地ならでは旬の食材を気軽に味わってみては。7~8月がホヤの季節だそうですよ。(よし、今だ!)

さらにさらに、夏限定の
・南三陸キラキラうに丼@3024円(新鮮なウニがもりもり、100gも載っています!さらに殻付きウニ付き。)
というスペシャルメニューもあります。

宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋写真:南三陸のウニをたっぷり。南三陸キラキラうに丼(5~8月上旬)

南三陸では、町をあげて、季節によって、夏はウニ、冬はイクラなど、旬の魚を使った「キラキラ丼」というA級グルメが各飲食店で展開されていますが、そのさきがけとなったのが、こちらの南三陸ホテル観洋です。

ロビーや大浴場のひろ〜い窓から眺める雄大な海の景観も圧巻。
翌日は早起きして朝日を眺め、爽やかな海風を感じながら露天風呂に浸かってみてくださいね。


宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋

写真:ウミネコもなついている(東館客室)

なお、昨年度(※2017)は宿泊者限定で運行していた「震災を風化させないための語り部バス」ですが、第三回ジャパン・ツーリズム・アワード大賞を受賞!

今年2018年から宿泊者以外も事前予約で誰でも利用できるようになりました。ホテルで震災を実際に経験したスタッフがその体験を語りながら、周辺を案内してくれます。

コースの1例として朝8:45に出発、所要1時間。(大人500円、小学生以下250円※要予約)

震災後8年目にして、どんどん変わっていく街の状況がわかり、スタッフ自身の率直な生の言葉を聞ける貴重な体験となるでしょう。

(取材・文:前田ゆかり)

宮城県本吉郡南三陸町 南三陸温泉 南三陸ホテル観洋

写真:貴重な生の経験談とともに見る復興の現場は見ておきたい
(取材・文:前田ゆかり 更新取材:さこ 情報確認:2018年7月)

写真:男性露天もこの絶景!

<AD>



南三陸ホテル観洋

http://www.mkanyo.jp/

住所:宮城県本吉郡南三陸町黒崎 99-17
TEL: 0226-46-2442(代)

●宿泊利用
宿泊料金例)
2名1室あたりの1名料金
1泊2食付き
12960円~(消費税・込み)

じゃらんnetでもっと情報を見る
楽天トラベルでもっと情報を見る

標準チェックイン/アウト
15:00/10:00

●宿泊者の温泉利用時間
4:00~10:00、15:00~25:00(4階大浴場は朝は8時まで)

●日帰り入浴
場所:南館4階大浴場/東館2階大浴場/天然温泉露天風呂/サウナ
※日にち時間帯によって日帰り利用できない施設もあり
時間:11:00~21:00(露天風呂利用は12:00~)
料金:大人820円 小人400円(消費税・入湯税込)

 
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »