各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【福島】浅草と会津田島を結ぶ新型特急リバティ。26年ぶりの新型特急車両で都心~会津への温泉旅が便利に

東武鉄道の新型特急「リバティ会津」が、4月21日からデビューしました。

リバティ会津は浅草駅から野岩鉄道等を経由し、会津田島駅を結ぶ特急列車で、1日4往復運行しています。所要時間は約3時間〜3時間半。浅草から途中の下今市駅までは東武日光発着のリバティけごんとの連結運転をします。
リバティ会津 東武鉄道

都心から乗り換え不要で会津田島駅まで行けちゃうなんて、とっても便利ですね!
3時間の列車の旅も車窓に映る景色が変わっていく様をゆっくりと眺めることができるので、贅沢な時間に感じますね。

料金も全席指定で特急料金は大人2,110円と比較的お手頃なのも嬉しいですね。(乗車券も合わせると5350円〜)。

リバティ会津 東武鉄道

写真:座席もゆとりがある

このリバティという車両は東武鉄道で、実に26年ぶりの新型特急車両なんです。コンセント付きのゆとりのある座席やWi-Fi接続、オストメイト付多機能トイレなどサービス・バリアフリーの向上を行なっていて、快適な列車の旅ができますよ。

リバティ会津 東武鉄道

写真:真新しいリバティ会津の車内




鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉をつないで湯野上温泉や木賊温泉など温泉の宝庫・南会津へ

停車駅も鬼怒川温泉はもちろんのこと、川治温泉や湯西川温泉、中三依温泉など会津田島駅に着くまでにも多くの温泉郷に停車するのもこの特急列車の嬉しいポイント。途中下車して沿線の温泉巡りも楽しそうですね。

発着駅の会津田島駅は南会津の玄関口とも言える駅で、南会津の各地へのアクセスがとても便利なんです。

南会津地方には大内宿があり、ねぎ1本で食べる「ねぎそば」も有名な下郷町、湿原や自然公園などがある南会津町、寺院が多く点在する只見町、尾瀬国立公園がある檜枝岐村があり、雄大な自然と歴史が息づく地方です。もちろん温泉もたくさんありますよ。

リバティ会津 東武鉄道

写真:雪山を背に走る特急 リバティ会津

下郷町には美肌、疲労回復の湯として知られる湯野上温泉が、南会津町には湯ノ花温泉、木賊温泉、山口温泉、片貝温泉、さかい温泉、たかつえ温泉、古町温泉とまさに温泉天国!南会津町内だけで温泉巡りができそうですね。只見町にある深沢温泉は茶褐色の湯色が特徴です。檜枝岐村には登山者を癒す日帰り温泉が数多くありますよ。

温泉もグルメも名所もたくさんありすぎて、ここでは語りつくせません!1度の訪問では時間がいくらあっても足りなそうですね。

「特急 リバティ会津」の運行開始でアクセスが便利になった南会津、通っちゃうくらい魅力がありそうですよ!
(まとめ・文:ゆきさね)

特急リバティ会津

区間:浅草駅〜会津田島駅直通
運行開始:2017年4月21日〜
本数:4往復/日
特急料金:
全席指定・
例)浅草会津田島間
大人:2,110円 小人:1,060円

問合せ:東武鉄道お客さまセンター
TEL:03-5962-0102
受付時間:午前8時30分〜午後7時00分(年中無休ただし年末年始を除く)
URL:
http://www.tobu.co.jp/(東武鉄道)
http://www.aizutetsudo.jp/(会津鉄道)
http://www.yagan.co.jp/(野岩鉄道)

この記事もおススメ!