温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【花火が見える温泉*7/29~8/4 鳥取】三朝温泉 キュリー祭●川辺の混浴・河原風呂がベストスポット!枕投げ大会も

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

三朝温泉(みささおんせん)は1164年に発見されたと言われ、850年を超える歴史があります。鳥取県の山中にある山陰地方でも有数の人気温泉地で、日本百景にも選ばれています。その三朝の夏の風物詩「キュリー祭」が今年も催されます。夜空を彩る花火も楽しみです。

写真:大輪の花火が川面も赤く染める




「キュリー祭? 変わった名前だな~」と思われるかもしれません。

これは、かの有名なフランスの物理学者、マリー・キュリー夫人への感謝の気持ちを込め、偉業を讃えるもので、フランスとの交流を図りながら毎年行われているのです。

そう、三朝温泉は高濃度のラドンを含む、世界屈指のラドン泉なのです。浸かってよし、飲んでよし、吸ってよし。心と身体を癒してくれる、三朝の湯なのです。

三たび朝を迎えると元気になるといわれる三朝温泉は、地元はもちろん、その効能を求めて県外からも多くの人が足を運びます。
温泉好きの人はもちろんですが、療養目的として訪れる人も多い人気の湯治温泉地です。

キュリー祭の当日は1000発の花火が打ち上げられる他、川魚のつかみ取りや、まくら投げ大会などユニークな催し物も。

中でも今年の目玉は「ミュージックフェスティバル2018」。ゲストとして東京スカパラダイスともコラボをしたブラスバンド「Black Bottom Brass Band」が三朝にやってきます!

温泉街パレードやステージLIVE。そしてLIVEの最後には、1日限りのBBBBメンバーとのみんなでの「聖者の行進」を大合奏もあり!

花火を見るベストスポットは、打ち上げ会場近くび縁結びで有名な「恋谷橋」

写真:花火を見るベストスポットは、打ち上げ会場近くの「恋谷橋」

各旅館の客室からは川の側面に面しているので中々見づらいですが、近い施設からは歩いてすぐなので、夜風に吹かれながら散策を楽しみましょう。昭和の香り漂う昔ながらの湯治場の雰囲気が漂う湯の町の風情に心和みます。

「温泉に入りながら花火を見たいなぁ」とう方には、あります! 三朝温泉名物「河原風呂」。川辺の露天に入りながら花火を見れ、しかも無料です。

ただ、一般的な露天風呂とは比べ物になら程露天具合が飛びぬけています。男女混浴でその露天具合は脱衣所にちょっとした囲いがあるだけなんですが、人通りの多い「三朝橋」から見える位置なので、特に女性が入るにはかなりの勇気が必要です・・・

7月29日の大花火以外にも、中花火が7月30日(月)~8月4日(土)まで毎日楽しめます。
(まとめ・文:すてぃーぶん 情報確認:2018年7月)

花火が見える温泉TOP

写真:昭和レトロな温泉街の花火を楽しもう


<AD>



三朝温泉 キュリー祭

http://spa-misasa.jp/

大花火開催日時:2018年7月29日(日)21:00~21:30
※中花火は2018年7月30日(日)~8月4日で実施

順延情報:雨天中止

打ち上げ場所:恋谷橋河川敷上流

打ち上げ発数:1000発

ベスト鑑賞スポット:恋谷橋(ブランナールみささから徒歩2分)GoogleMAP

昨年の動員数:約5,000人


三朝温泉のホテル旅館一覧を楽天トラベルで見る

三朝温泉のホテル旅館一覧をじゃらんnetで見る

ホテル料金比較『トリバゴ』で近くのホテルを調べる



 
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »