温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【山口】日本初のホタル舟は下関市豊田町から!星雲のような大乱舞を屋形船から 予約受付5/1~ 乗船が抽選で当たるホタル祭りで再チャンスも


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事






山口県下関市の豊田町は船からホタル観賞する「ホタル舟」発祥の地。その日本初の「ホタル舟」が就航するのは、大量のホタルが出現することで有名な木屋川。最盛期には星雲のような蛍大乱舞が見られます。灯りを消してたゆたう船から眺める大人気の「ホタル舟」は5月1日より予約開始です。

山口県下関市 豊田町 日本初のホタル舟

写真:木屋川をたゆたうホタル舟




山口県下関市というと三方を海に囲まれた海峡の町というイメージがありますが、下関市豊田町は下関市の東に位置し、美肌で有名な一の俣温泉をはじめとする山々に囲まれたいで湯の里です。

中でも町内を流れる木屋川に生息するゲンジボタルは、別名「豊田ホタル」とも呼ばれ、1957年に国の天然記念にも指定されています。
 
木屋川は古くからゲンジボタルの里として有名だっだそうですが、乱獲や環境の変化などで、一時期数が激減したそうです。そこで天然記念物に指定し、保護・飼育・研究に努め、今では豊田町と言えばゲンジボタルの生息地として知られるようになりました。

その木屋川で今年もホタル舟が運航されます。舟から蛍を観賞する「ホタル舟」はここ豊田町が発祥なのです。




ホタル観賞といえば、通常は川岸からを想像しますが、宵闇の中、ゆったりと川面を滑る船から、手の届く距離を漂うホタルの光。目の前を数千とも数万ともいわれるゲンジボタルが乱舞する様子はまさに幽玄の世界ですね。

山口県下関市 豊田町 日本初のホタル舟

写真:木屋川のホタル大乱舞

船は800mの距離を約30分かけ、船頭さんが竿をあやつりゆっくりと下っていきます。

1年のうち、わずか20日間足らず、川下りとホタル観賞をいっぺんに楽しむ、贅沢なひと時を過ごせます。

山口県下関市 豊田町 日本初のホタル舟

写真:ホタル舟船内より

集合場所は道の駅「蛍街道西の市」。乗船料金は大人2000円、子供1000円。一隻につき23名乗船可能で、乗船場と下船場間は無料送迎バスがあります。

さて、今年2019年の開催時期ですが、6月5日(水)~6月23日(日)で、予約は5月1日(水)から受付開始だそう。

毎日3回、運行する予定ですが1日207名限定となっており、昨年も大人気のイベントだけに体験したい人はぜひ、お早めに予約した方がいいかもしれません。

抽選で100名が乗れるホタル舟運行も。「ホタル祭り」が今年も開催!

また、ホタル舟運航の最中に行われるのが、「ホタル祭り」。
今年で51回目を数えるこの祭りは2019年は6月1日(土)、6月8日(土)の2日間行われる予定です。
会場には出店も立ち並び、明るいうちから賑わいます。まさに初夏の風物詩ですね。

さらに普段は予約しないと乗れないホタル舟が6月8日(土)のみ、抽選で100名様が乗船可能に!

ホタル舟の予約はすでにいっぱいで残念ながら予約できなかった、という人でもこのホタル祭りではチャンスがあるのです。

また、外れてしまってもホタル観賞バス(有償)も運行する予定なので、様々な楽しみ方ができそうです。

フィナーレには花火も打ち上がり、籠アートと竹灯篭が宵を照らす。ホタルの光とのコラボも魅力。豊田のホタル祭り実行委員会事務局に確認したところ、昨年度は約50,000人が訪れ、楽しんだそう。ぜひ、今年もお越し下さいとのことでした。

余談ですが、豊田町にはホタルの様々なことを学んだり、体験できたりするホタルの里ミュージアムがあります。
このホタルの里ミュージアム、上から見るとホタルの形をしてるんですよ。Googleearthを見ることが出来る方は、是非確認してみてください!

(まとめ・文:えこぴ 更新:吉川 情報確認2019年3月)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »