温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

長野「信州辰野ほたる祭り」1万匹以上のゲンジボタルが乱舞する日本一のほたるの名所  6/11~6/19

長野県南信州駒ヶ根市から車で約30分、辰野町の松尾峡ほたる童謡公園は『日本一のほたるの名所』と言われています。2022年は6月11日~19日の間、「信州辰野ほたる祭り」が開催されます。多いときでなんと1万匹以上ものゲンジボタルが飛び交います。1万匹とは想像もつかないほどの数ですね。

ほたる観賞旅行の前後に、駒ケ根市の早太郎温泉での立ち寄り湯もおすすめですよ。

信州辰野ほたる祭り

写真:1万匹の大乱舞は壮観!

※今年は新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、ほたる観賞については、辰野町民・町内在勤者・町内在学者・町内指定宿泊施設宿泊者に限定し規模を縮小して開催されます。感染状況によって中止や内容を変更する場合もあり、また、6月中はほたる観賞期間(辰野町の公式ホームページを参照のこと)を除き、ほたる童謡公園(松尾峡)は夜間立入禁止となります。

心癒されるホタルの乱舞

かつては日本全国の清流でたくさん見られたゲンジボタルですが、川の汚れにより、今ではすっかり名所も少なくなってしまいました。アルプスの自然ゆたかな場所で見られる幻想的な光景は、都会では決して目にすることができないもの。心を癒してくれそうです。

すでに満室となっている宿泊施設もあるようですが、町内指定の宿泊施設のなかにはほたる祭りへのバスを出しているところもあるそうなので、公園への移動手段は宿泊予約の際に施設に確認してみるといいですね。(対象施設は辰野町の公式ホームページから確認できます)

写真:あじさいとの共演

また、宿泊して見に行くのは間に合わない!というかたにも、6月11日(土)~6月19日(日)18:00~21:00のまつり期間中には、ほたる童謡公園(松尾峡)内にカメラを設置し、YouTubeにてライブ配信予定とのこと。画像のリンク先は6月11日正午ころの公開を予定しているそうなので、辰野町の公式ホームページから確認してみてくださいね。

宿泊前や翌日の立ち寄り湯なら

宿泊前や翌日に立ち寄るなら、松尾峡から下道、車で約1時間ほどのところ、駒ケ根市に早太郎温泉があります。

この早太郎温泉、ちょっと変わった名前の温泉ですよね。

温泉の近くにある1200年もの歴史を持つ古刹、光前寺。その昔、お寺で飼われていた早太郎という犬が怪物退治して人々を救ったという伝説にちなんで早太郎温泉と名付けられたそうです。

駒ヶ根では魔除けの霊犬として信仰を集めているキャラクターなんですね。

長野県 信州辰野ほたる祭り

写真:山にホタルの形が浮かび上がる(以前開催時の様子)

自然あふれる駒ヶ根高原に位置する早太郎温泉、無色透明のお湯はお肌しっとりすべすべになると評判です。

高原に吹く涼しい風と中央アルプスの雄大な景観つきという、とてもぜいたくな露天風呂で、ゆったりと日頃の疲れを癒してくださいね。

(まとめ・文:mashiro 情報更新:2022年6月 hotspring727)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

信州辰野ほたる祭り

https://www.town.tatsuno.lg.jp/

開催期間:2022年6月11日(土)~ 6月19日(日)18:00~21:00
開催場所:ほたる童謡公園(松尾峡)

ホタル保護育成協力金:500円(中学生以下無料)・団体(15名以上)400円

※新型コロナウイルス感染拡大防止等のため、2022年の信州辰野ほたる祭りは規模を縮小して開催されます

早太郎温泉のホテル旅館一覧を楽天トラベルで見る



 
この記事もおススメ!
人気記事