温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【長野】上高地、乗鞍、白骨温泉。紅葉巡りにぴったりのバス乗り放題優待パスポート!あこがれの北アルプスをもれなくバスで巡ろう!

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

「アルプス山岳郷」と呼ばれる、長野県は上高地・乗鞍・白骨温泉エリア。雄大な山々に温泉、数々の夢のような世界が広がる憧れの観光地ですね。しかしマイカー規制があったり、なかなか自力でめぐるにはハードルが高いところでもあるようです。

しかしこの秋も、バス乗り放題でこのエリアをめぐることができる「アルプスパス」という特別優待パスポートが発売されます!秋のアルプスを満喫したい方には見逃せないプランですよ!

「アルプスパス」では、アルピコ交通の運行するバスで上高地から白骨温泉、乗鞍高原、乗鞍山頂、さわんど温泉、松本などを含むエリアを周遊することができます。

上高地・乗鞍3DAYパスポート特別版「アルプスパス」

写真:車窓から眺める秋景色も、バスでの旅の魅力

ホテルや旅館で受けられる優待特典もついているので、上手にプランを立てて利用してみるのもおすすめです。

アルピコバスでは他の地方からの長距離バスも運行していますが、このプランを利用するには、松本バスターミナルを起点にしての購入が一番お得に利用できるようです。

上高地・乗鞍3DAYパスポート特別版「アルプスパス」

写真:珍しい山野草なども見ることのできる池尻湿原。沢渡遊歩道にある




魅力的な観光地がたくさんありすぎて、どうまわったらいいのか迷ってしまいそうな北アルプス。満喫ガイドにおすすめのモデルプランも用意されています。

今回のモデルプランは現代版「修験の旅」です。自然に浸り、湯に浸かり、先人たちの思いを肌で感じながら心も体もリフレッシュ。そんな日常から解放される旅のプランを、ぜひ参考にしてみてくださいね!

上高地は日本を代表する山岳リゾート。
穂高連峰が目の前に広がり、シンボル的な吊橋「かっぱ橋」や、木々が立ち枯れて神秘的な雰囲気の漂う「大正池」など、メディアでもたびたび目にする観光地ですね。
上高地の清流をボトリング&テイスティングも。信州の名水を現地で味わえるなんて贅沢ですね!

上高地・乗鞍3DAYパスポート特別版「アルプスパス」

写真:上高地の明神池は、紅葉風景が水鏡に映りまるで宝石のように輝く

そしてもうひとつの名所、乗鞍岳は、剣ヶ峰を最高峰にたくさんの峰や池、平原などすばらしいアルプスの景観を楽しめるエリア。乗鞍岳から眺める雲上の世界、3000m級の山々の風景は別世界!10月上旬にはトレッキングをしながら紅葉を楽しむチャンス!

上高地・乗鞍3DAYパスポート特別版「アルプスパス」

写真:多彩なコースが設定されていて、ハイキングにぴったりの乗鞍高原遊歩道

やはり外せないのは温泉です。白骨温泉は、鎌倉時代から長い歴史を持つ古い名湯で、アルプスの秘湯。湯口では透明に近いお湯が空気に触れると白濁に。
「3日入れば3年風邪をひかない」と言われているほど、古くから多くの湯治客が多く訪れていた温泉地です。
白骨温泉を経由する

乗鞍高原 → 白骨温泉 → 上高地
上高地  → 白骨温泉 → 乗鞍高原

のバスは各1日1本の運行ですが、なんとか観光ルートに組み込みたい!

上高地・乗鞍3DAYパスポート特別版「アルプスパス」

写真:若山牧水ら文人にも愛された白骨温泉を上から。鮮やかな紅葉に息をのむ

雄大なアルプスの山々をトレッキングしながらすがすがしい空気の中で紅葉を楽しんで、質の高い温泉で疲れを癒す旅。
めいっぱい観光地をめぐるのもよし、ポイントを決めてゆったりのんびり過ごすのもよし。秋の信州を満喫するバス旅、計画してみませんか。(まとめ・文:mashiro 更新:2018年9月)

上高地・乗鞍3DAYパスポート特別版「アルプスパス」

https://www.alps-pass.jp/whats-alpspass
期間 :2018年9月1日~10月31日
開催場所:上高地・乗鞍・白骨温泉(長野県) 
松本バスターミナル GoogleMAP
料金:2泊3日乗り放題 大人7000円・子供3500円

●アルプスパスについての問合せ:
アルプスパス事務局(乗鞍高原ペンション テンガロンハット)
TEL:0263-93-2360

●バスについての問合せ:
アルピコ交通 新島々営業所
TEL:0263-92-2511

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »