温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【岐阜】観光列車で冬の奥飛騨へ…高山本線の急行「ぬくもり飛騨号」12/17まで。雪の車窓、特産品の車内販売や停車駅でのおもてなし、のんべえパスポートも楽しみ

この冬、岐阜県の高山本線を走る「特急ワイドビューひだ」で、臨時急行列車「ぬくもり飛騨路号」が帰ってきます!今年5月に運行され大好評だった観光列車が、冬ならではの魅力をひっさげての限定運行です!鉄道ファンには見逃せませんね。

JR東海 高山本線を走る「ぬくもり飛騨路号」

写真:凜とした冬景色の中を進む・特急ワイドビューひだ「ぬくもり飛騨路号」




なお、ワイドビュー車両とは、車窓の景色を楽しむために窓を大きく取り、座席の位置を高くした車両です。車内では限定のお弁当のほか、地元特産品を販売するのも楽しみですね。一部を紹介しますと…。

・20食限定のお弁当  
ぬくもり飛騨路号のためだけに作った、飛騨牛たっぷり、ほかほかのお弁当です。上りは名古屋・岐阜駅乗車、下りは飛騨古川・高山駅乗車の区間で乗車した方限定、抽選での購入となります。

・地酒  
創業200年以上の老舗の酒蔵舩坂酒造。飛騨の湧水からつくられたブランド深山菊を販売。

・スイーツ  
飛騨高山の和菓子店福寿庵の、初物のいちご大福

・軽食  
飛騨牛の入ったジューシーな喜八郎の飛騨牛まん。飛騨高山の本店では行列ができる人気の肉まんです。

・お土産品  
味噌からこだわりの自家製!明治時代から伝統を引き継ぐ井之廣の味噌せんべい



その他、岐阜県産のジュースやサイダー、お土産品やおつまみなどを多数販売。なお、5月に運行したぬくもり飛騨路号では、上り限定品や下り限定品があったそうですよ!

冬の高山本線は山々の雪化粧を眺めながら進んでいきます。景勝地である飛水峡や中山七里では徐行運転されるので、車窓からの景色をたっぷり楽しめます。さらに、下呂温泉で有名な下呂駅では28分間停車。ホームでは地元の方々が歓迎のおもてなし。こちらでも特産品の販売が予定されています。

そして、この列車に乗車すると『ぎふ呑んべえパスポート』というものがもらえます。このパスポートを提示すると、県内24軒の酒蔵と酒屋6店舗で地酒の試飲や購入額に応じたプレゼントがいただけるというスグレモノ!上手に活用して冬の飛騨路を満喫しましょう。対象施設は下記ホームページまで。

ぎふ呑んべえパスポート
http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/s11334/JR-nukumori.data/JR-nukumori.pdf

車内は全席指定で、乗車券のほか、急行券と指定席券が必要となります。運行は日にち限定の下り3回(名古屋~高山間)、上り(飛騨古川~名古屋)3回の合計6回のみ。

写真:なんだかほっこりする「ぬくもり飛騨路号」のヘッドマーク

上下で運行日が1日ずつずれているので、往復乗車+温泉で一泊も可能ですよ!高山本線の絶景と美味しい名物やお土産に地酒とおもてなし。人気の観光列車でいかがですか?
(まとめ・文:えこぴ)

急行ぬくもり飛騨路号

http://shupo.jr-central.co.jp/tokusyu/17wi/kanko_ressha.html
運行日:
【下り】2017(平成29)年12月2日(土)・9日(土)・16日(土)    
【上り】2017(平成29)年12月3日(日)・10日(日)・17日(日)

運行区間:
下り:名古屋~高山、上り:飛騨古川~名古屋

時刻:
【下り】名古屋9:05発→高山12:10着
【上り】飛騨古川13:37発→高山13:54発→名古屋17:32着

途中停車駅:岐阜駅・美濃太田駅・飛騨金山駅・下呂駅

問合せ先:JR東海
TEL:050-3772-3910

この記事もおススメ!