温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【富山】世界的にも珍しい絶景「立山・雪の大谷ウォーク」は事前予約が無難!最大20m・そびえ立つ雪の壁の道を歩く…4/15〜6/22

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

富山県と長野県を結ぶ立山黒部アルペンルートで、2018年4月15日(日)〜2018年6月22日(金)、高いところでは20m近くになるという雪壁の中を歩く「立山・雪の大谷ウォーク」が開催されます。

写真:高さ20mにも迫る巨大な雪の壁「雪の大谷」




標高2,450mの室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯室堂ターミナル周辺の道路に積もった雪を除雪してできる雪の壁は、場所によっては20mに迫ることも。壁ができる約500mの区間は「雪の大谷」と呼ばれ、国内や海外から毎年多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

写真:天空ロード・Snow Wallでは願い事やメッセージを雪に刻むことができる

1993年から始まったイベントは今年で25周年。アニバーサリーイヤーということで、1stステージ、2ndステージの2部構成で特別記念イベントが開催され、雪の巨大かまくらや巨大迷路が楽しめます。他にも、立山ガール 大谷ゆきちゃんのスノーマン販売などいろいろなイベントがあり、イベント会場入口では記念の「雪の大谷通行証」が配られます。

写真:毎年大人気の雪の巨大迷路

気になる雪の大谷までのアクセスですが、今回は乗り換えが少なく所要時間が短い富山側からの行き方について説明しますね。


まずは、アルペンルートの富山側出発点、立山駅から立山ケーブルカーで約7分、美女平を目指します。そして、美女平で立山高原バスに乗り換え約50分、室堂ターミナルに到着(立山駅から室堂往復料金:大人4,310円、子供2,160円)すれば、目の前がウォーキングゾーンの入口になります。

写真:立山連峰を一望できる雪の上の遊歩道「パノラマロード」を歩けるのは雪があるこの時期だけ

ここで、注意したいのがきっぷの発売制限。混雑時には当日往復乗車券の発売区間や枚数の制限があります。制限枚数が早い時間で売り切れてしまう、ということもあります。

ですので日程が決まっている方はWEBきっぷや旅行会社発券の前売券の購入がおすすめです。駅に到着したのにケーブルカーに乗れない!なんてことはありません。JRとセットでお得になるきっぷもありますよ。

<予約WEBきっぷ・アルペンきっぷのご案内はこちら>
https://www.alpen-route.com/access_new/recommend-tickets/advance01.html

ただし、4月の全線開通からGWまでは早朝から午後まで混雑が続き、とくに午前9時〜11時頃が混み具合のピークとのこと。GWにはケーブルカーやロープウェイできっぷの購入や乗車に待ち時間が出ることもあるそうなので、時間に余裕を持って出かけたほうがいいですね。

目の前で見る雪の壁は想像以上の迫力ですし、この時期にはまだ冬毛の白い雷鳥に出会えるチャンスも!

写真:まだ冬毛が残る白い雷鳥に出会えるかも

室堂駅と直結したホテル立山、室堂ターミナルから徒歩で約15分のところには、日本一高所にある雲上の温泉・みくりが池温泉があり宿泊も可能。きっぷは5日間有効で、宿泊客であればきっぷの枚数制限がある場合も乗車できるので、1泊での観光もおすすめです。期間限定の天空の白壁、一度は体験してみたい絶景ですよね。
(まとめ・文:hotspring727)

写真:雪の回廊は室堂ターミナルと自然保護センターを繋ぐ歩行者専用通路。大谷に劣らない迫力がある。


<AD>



第25回立山・雪の大谷ウォーク

https://www.alpen-route.com/enjoy_navi/snow_otani/

開催期間:2018年4月15日(日)〜2018年6月22日(金)
開催時間:9:00〜15:15(入場は15:00まで)

入場料:無料(立山室堂までの運賃が別途必要)

開催場所:富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂 GoogleMAP

駐車場:立山駅約900台(無料)、扇沢駅周辺約700台(有料・無料)
*混雑時には上記に加えて臨時駐車場にて対応

問合せ:
立山黒部貫光
TEL:076-431-3331

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »