温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【秋田】強酸湯日本一の新玉川温泉がリニューアルオープン!看護師常駐の湯治宿がますます便利、観光にも!屋内岩盤浴は全天候OK

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

強酸性のお湯と地熱による温熱療法で有名な秋田・新玉川温泉がリニューアルオープンします。屋内岩盤浴と湯治療養などの長期滞在にも最適な洋室が生まれ変わりましたよ。改めて新玉川温泉の魅力と一緒にご紹介しますね。

写真・自慢の大浴場も一部を改装




世界でも珍しい「塩酸」を主成分とした泉質は日本一の強酸性。湯治相談室もあり!

新玉川温泉は、秋田県仙北市にある温泉宿泊施設で、国民保養温泉地の指定を受けている玉川温泉の姉妹館です。温泉は玉川温泉と同じ源泉から引いてるんですよ。

こちらの温泉の泉質は、塩酸を主成分としていて、pHはなんと1.05日本一の強酸性のお湯なんですよ。この泉質は、世界的にも珍しいものなんだとか。塩酸にpH値…理科の授業を思い出しますね!

写真:大浴場・源泉100%の浴槽はph1.2という塩酸が主成分の強酸性の泉質

ラジウム温泉の一種で、お湯は放射能を有しています。低放射線ホルミシス効果で自然治癒力を促進させると医学界でも注目されています。

また「大噴(おおぶき)」と呼ばれる湧出口から毎分9,000リットルもの温泉が湧き出ていて、この単一の湧出口からの湧出量でも日本一なんですよ。

写真:泡湯のほか、座り湯とかぶり湯が新たに登場

療養のために湯治に訪れる人が多い理由はここにあるんですね。
新玉川温泉では、館内に看護師が常駐していて、湯治について無料で相談することができます。入浴指導などをしてくれるので、初めてでも安心して利用できますよ。

屋内岩盤浴と長期滞在にも対応した洋室が、ますます使いやすくリニューアル

玉川温泉は日本有数の湯治宿として有名ですが、新玉川温泉はもう少し利用しやすい環境が整っています。湯治目的なら玉川温泉、観光としての温泉利用なら新玉川温泉を利用するのがオススメです。

写真:世界でも珍しい塩酸を主成分とした泉質でラジウムを含有

そんな新玉川温泉で、今回リニューアルしたのが屋内岩盤浴と一部の洋室です。
屋内岩盤浴は御影石の床の下に源泉が絶えず流れているので、屋外で行う岩盤浴と同様の効果がありますよ。
室内岩盤浴は、リニューアル前にも大浴場にありましたが、簡易的なものでした。今回のリニューアルでは、プライバシーも守れる間仕切りがあったり清潔感のある空間になっています。男女別で各14床ありますよ。

岩盤浴利用は宿泊客が優先ですが、空きがあれば日帰りでも利用できます。立ち寄った際に気になったらフロントに確認してみてくださいね。作務衣やバスタオルなども有料で貸し出しを行なっているので、手ぶらで利用できますよ

写真:天候に左右されずにいつでも楽しめる屋内岩盤浴

30〜40分ほどで汗だくになり、新陳代謝の促進はもちろん様々な疾患に効果が期待できるそう。
屋内なので、お天気に左右されずに楽しめるのが嬉しいですね。本当に汗だくになるので、着替えは必須ですよ!

写真:30〜40分でかなりの発汗を期待できる

リニューアルされたお部屋は、B館と呼ばれる洋室のツインルーム。秋田の森をイメージした暖かなイメージのお部屋です。ベッドには有名なシモンズのマットレスを使用しているので寝心地も抜群!
湯治などによる長期の滞在も可能なので、第二の我が家のように過ごせそうですね。

写真:秋田の森をイメージしたぬくもりを感じるB館のツインルーム

新玉川温泉の食事は、夕食・朝食ともにバイキング形式です。これなら、食事制限されている方もそうでない方も一緒に楽しむことができますね。

写真:オープンキッチンでは焼きたての岩魚の串焼きが振る舞われることも

地元・秋田の素材をふんだんに使用した、健康と美容を考えたメニューにあっています。オープンキッチンで、目の前で調理して提供してくれるメニューもありますよ。

写真:オープンキッチンになっている旬菜ダイニングぶなの四季。

メイン料理の半数以上を毎日変えて提供しているのだそう。これなら長期滞在でも飽きることがなさそうで、とっても嬉しい心遣いですね!
私なら、長期滞在したら太ってしまいそうです…

写真:秋田名物きりたんぽも美味しそう

アクセスは夏季と冬季で大きく異なるので注意!

新玉川温泉へのアクセスは、夏季(4月中旬〜11月末)と冬季(12月〜4月中旬)で大きく異なります。4月中旬(2018年は4月15日)には八幡平アスピーラインが開通し、車でのアクセスが便利になりますよ。

写真:秋田の森をイメージし、木をふんだんに使用した明るいロビー

冬季には周辺道路の各所が通行止となるので要注意!JR田沢湖駅から路線バスを利用することになります。
お出かけの時期に合わせて、アクセスに関して必ずHPをご確認くださいね。

ロビーの隣には売店が併設され、きりたんぽや地酒など秋田土産が購入できる

リニューアルして観光利用でも湯治利用でもますます近いやすくなりました。これを機に、珍しい泉質と岩盤浴で有名な新玉川温泉にお出かけしてみてはいかがですか?

(まとめ・文:ゆきさね)


<AD>



新玉川温泉

http://www.shintamagawa.jp/sp/index.html

所在地
秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢 GoogleMAP
TEL:0187-58-3000(予約センター 9:00〜19:00)

●温泉日帰り利用
立ち寄り湯:9:00〜16:00(受付〜15:30)
定休日:なし
入浴料:
大人:800円 子供:400円 幼児無料
岩盤浴:
1500円/50分※宿泊者優先

●宿泊について
宿泊料金例)
1泊2食付 1室2名の1名あたり
スタンダードプラン 洋室ツインルーム 12,420円(税サ込・消費税込・入湯税別)

宿泊者の温泉入浴時間
4:00~24:00

標準チェックイン/アウト
15:00/10:00

新玉川温泉のフォトギャラリーやクチコミを楽天トラベルで見る

新玉川温泉のフォトギャラリーやクチコミをじゃらんnetで見る

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »