温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【滋賀】琵琶湖を見下ろす視界360度・標高1100mの天空のカフェで涼もう!期間限定、ロープウェイで上がるびわ湖テラス…気温も地上より7〜10度も低め



日本最大の湖、琵琶湖。東京ドームの1434個分の広大な湖を、上空から眺めることができる場所があるのをご存知ですか? それが天空の山岳リゾート、びわ湖テラス。
今回は、びわ湖を見下ろす絶景を楽しめる、びわ湖テラスをご紹介します。

琵琶湖テラス びわ湖テラス

写真:琵琶湖を見下ろすテラスからの絶景はインスタ映え間違いなし




 眼下に湖を見下ろせる山頂にあるカフェテラス

びわ湖テラスは関西で長年愛されているスキー場、びわ湖バレイの標高1,100mの山頂エリアに、2016年にオープンしました。冬場はスキー場として使われているので、テラスの営業は毎年4月から11月までとなっています。

まずロープウェイで山頂へ上がると、広がっているのが「THE MAIN」。

ウッドテラスが階段状に設置されていて、ここからは琵琶湖全体の約8割を見渡すことができるのだとか。

1,100mってかなりの高さですよね。またそこから見ても約8割ですから、琵琶湖全体の広さがわかります。もともとスキー場のみだった頃から、この絶景がひそかに評判だったため、年間を通してこの景色を楽しめるようにしたいということでびわ湖テラスがオープンすることになったそうです。

室内カフェもあり、地元の特産を使ったメニューも充実しています。

実はお茶の産地でもある滋賀県では「近江茶」というブランドがあり、カフェでは近江和紅茶や、近江ほうじ茶ラテなどのメニューが人気。新メニューでは近江地酒のチョコレートも登場しました。

そしておすすめは琵琶湖で獲れる天然のビワマスを揚げたフライ!とても食べやすくサクッと完食してしまうほどの美味しさです。1日20食限定なので、早めにゲットしてくださいね。

THE MAINで購入したフードはテラス席でも食べることができます

カフェでゆっくりしたら、テラスからの遊歩道も散策してみたいですね!

写真:室内カフェのインテリアはどれもおしゃれ!

 視界360度の大パノラマを体験!CAFE360

THE MAINからリフトでさらに標高の高い蓬莱山の山頂まで足を伸ばすこともできます。

そこは、その名の通り360度を見渡せる「CAFE360」。円形に広がる展望スポットとなっています。開放感に溢れたアーチ状に広がるウッドデッキを歩くとまさに空中散歩している気分!!

360standで販売しているドリンクやポップコーンをデッキやソファで食べながらのんびり。

展望デッキ以外にプレミアムシートもあり、こちらは当日受付の予約制となっているので、ゆったりくつろぎたいときは予約してしまうのもいいですね。可愛いソファに座ってのんびり絶景を楽しむ、究極のぜいたくを味わえます。こちらは45分3000円。完売してしまう日もあるそうです。

写真:360度を見渡せるCAFE360で空と琵琶湖を独りじめ!

 カフェだけじゃない、驚異のアトラクションを体験しよう!

さて、びわ湖バレイには関西最高地とも言われるアスレチックもあるので、お子様づれのファミリーも楽しむことができますよ。

おすすめは、驚異の天空ウォーク「スカイウォーカー」!クモの巣ネットや丸太渡りなどを地上約5mの高さで楽しみながらクリアして進むアトラクションです。

ここでもまた、1,100mからの琵琶湖を見下ろしながらになるので、かなりのスリルを味わえそう! 小さな子供も楽しめる「ちびっ子コース」もあるので、安心してくださいね。

スカイウォーカーはびわ湖テラスのTHE MAINから徒歩5分ほどにあります。利用期間は4月27日(金)から11月11日(日)まで。ただし、6月29日(金)までは増設工事のため休業しているのでご注意を。

写真:スリリングすぎる!標高1100mで楽しむスカイウォーカー

 びわ湖テラスまでのアクセスはこれもまたスリリングなロープウェイで

びわ湖テラスまでのアクセスは、電車の場合、JR志賀駅を下車して路線バスで約10分。そこからはびわ湖バレイロープウェイになります。実はこのロープウェイもスリリングと評判です。

キャビンは360度ガラス張りで、天気がよければ京都市内や大阪までの眺望が楽しめますよ。夏場は景色を楽しむため、ゆっくりとした速度で運転されています。
また、天候によっては雲を突き抜ける体験ができることも。

ロープウェイとはいえ乗客の歓声が上がるほど、アトラクション並みに楽しめそうです。

写真:ガラス張りのロープウェイから京都、大阪を望む

 まとめ。地上より気温も涼しいびわ湖テラス

果物の琵琶の形に似ていることから琵琶湖と名付けられたと言われていますが、その形を上から見ることはなかなかないのではないでしょうか?

地上より気温7〜10度も低めとかなり涼しいびわ湖テラス。今年の夏はぜひ涼みに行ってみたいですね。

晴れている日にはカフェの待ち時間が30分から60分近くなることもあるそうです。休日では比較的空いているのはオープン9:00〜11:00頃まで。早めに到着してのんびり過ごすのがいいかもしれませんね。

(まとめ・文:mashiro)

<AD>



びわ湖テラス

http://www.biwako-valley.com/

営業日:4月から11月(下記休業日を除く毎日)

びわ湖テラスカフェ休業日:
3/19~4/13 (※Cafe360は4/26まで休業)
9/3~9/7, 12/3~12/下旬冬季営業開始まで
※営業内容や料金はHPをご確認ください。

場所:滋賀県大津市木戸1547-1  GoogleMAP

ロープウェイ料金:大人2,500円 小学生1,000円/幼児(3歳以上)600円
(びわ湖テラスの入場は無料です)

問合せ:びわ湖バレイ
TEL :077-592-1155

びわ湖テラスの玄関口・志賀駅までJRで34分。京都駅のホテル旅館一覧を楽天トラベルで見る


ホテル料金比較『トリバゴ』で京都の安いホテルを調べる




 
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »