温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【静岡】掛川に初のクラフトビール醸造所が誕生!メロンビールなど、市の特産物を使った掛川ならではのビールいろいろ

ことさら暑い夏、ビールがひときわ美味しいですね!今回は、静岡県掛川市に今年オープンしたクラフトビールの醸造所、「カケガワビール」についてご紹介します。

写真:掛川市に誕生したクラフトビール醸造所カケガワビール

ところでクラフトビールって何? 

ところでクラフトビールってよく聞きますが、どんなビールのことなんでしょうか?

大手のビールメーカーではなく、小規模なメーカーが特徴を活かして作る、オリジナルのビールのことなんです。

最近では、各地で高品質で個性的なビールを生産する醸造所も増え、人気が高まっているようです。
実は、静岡県では、クラフトビールの専門店が続々出店!さまざまな味わいのビールが登場し、クラフトビールブームが起こっているんですよ。

写真:2017年の掛川ビールフェス。今年も8月12日、13日に大規模なビールフェスが行われる。

特産を活かして掛川ならではのビールを 

そんな中、掛川市では初となるクラフトビール醸造所を設立したのは、地元食材を使ったカフェなどを営んでいた杉浦健美さん。

地元の食材を使った、掛川ならではの食をビールで表現しようと考え、もともとビアバーだった場所を一度で300リットル造れるビール工場に改造

今年5月、JR掛川駅から徒歩3分のところに木目調のおしゃれなブルワリーが誕生しました。

写真:アメリカのブリュワーともコラボしている

杉浦さんは全国のブルワリーやパブを巡って研究を重ねていたそうです。さらにベルギーで醸造を学んだスタッフも招き、レベルの高いビール作りを目指しています。

醸造所は道に面しており、ガラス張りになっているので外から様子を見ることも可能。

醸造所から徒歩1分のところにあるビアバーBucketで、醸造所で作られたビールを飲むことができますよ!

写真:醸造所からすぐのビアバーでビールを楽しめる

農園がたくさんある掛川市は美味しいフルーツの産地 

静岡といえばお茶が有名ですが、実は掛川市はフルーツの産地でもあるんです。温暖で冬でも雪が降らない気候がフルーツ栽培に適しているのだとか。イチゴやメロン、キウイなど、たくさんのフルーツ農園があります。

カケガワビールでは、地元食材であるキウイやほうじ茶、静岡生まれのイチゴのブランド「紅ほっぺ」や数種類のベリーを混ぜたビールなどを考案。

見た目もカラフルで可愛いし、フルーティで美味しそうですね!キウイのビールなんて飲んでみたいです。

地元の特産を活かしたビールで掛川の食の魅力を発信していくカケガワビール。市内の飲食店をはじめ、首都圏や県外でも販売されるそうですよ。

特にビールが好きでなくても一度、味わってみたいと思う人も多いかもしれませんね。

フルーツを使ったビールは苦味がほとんどなく、カクテルのような味わい。女性にも喜ばれそうです。この夏のオススメは、掛川産のアローマメロンを使ったメロンビールや、キウイカントリーのキウイを使ったビール。甘酸っぱくて、暑い季節にはぴったりです。

写真:これまでにないフルーツビールを醸造するカケガワビール。イチゴを使ったビールも。

ビールに合わせて食べてほしいメニューも

カケガワビールが経営しているカフェ&バル「ファニーファーム」では、ランチ時に地元の野菜を使った「野菜バイキング」があります。それがビールとも相性が良いのだそう。

また、手作りマフィンなどのデザートメニューもあり、フルーツビールとの組み合わせがオススメです。まさに新しいビールの楽しみが続々生まれているのですね!

現在、カケガワビールを楽しめるお店は、市内の三店舗「FUNNY FARM」「Food Bar SAL」「BUCKET HERE」、そして県外でもビールを卸していますが、現在は樽のみとのこと。年内には、ビンもしくは缶も始める予定とのことでこちらも楽しみです!

写真:ビールに合う食事を楽しめるファニーファーム

(まとめ・文:mashiro)

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »