温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【長野】かまくらに泊まる!?1日3組限定、日本初のかまくらホテルで未知の宿泊体験ができるプランの予約がスタート



長野県の戸狩温泉スキー場に、日本初!かまくらの中で寝泊まりできる「かまくらホテル」が誕生。なんと、夕食もかまくらで鍋料理をいただくことができるんです。

写真:かまくら体験の様子(今年のかまくらではありません)




日本初のかまくらホテルがオープンするのは、初心者から上級者まで楽しめる多彩なコースが魅力の戸狩温泉スキー場。東京から北陸新幹線の飯山駅までは約1時間50分、飯山駅からは片道500円のシャトルバスが運行しているアクセスの良いスキー場なんです。

そんな戸狩温泉スキー場にこの冬誕生する「かまくらホテル」、かまくらの中で寝泊まりできるなんてワクワクするけど、一体どんなふうに過ごせば良いのか…。寒くないの?どうやって寝るの?などなど色々と気になるポイントを聞いてみました。

写真:2017年12月にリニューアルOPENした「GUEST HOUSE 星の宿」

写真:スキー場に直結!ゲレンデが目の前にある最高のロケーション

まず、かまくらホテルができるのは、2017年12月にオープンしたスキー場直営の宿泊施設「GUEST HOUSE 星の宿」の前。ペガサスゲレンデ入り口にあり、ゲレンデ直結、JR飯山駅からのシャトルバスの発着所も目の前にあるという抜群のロケーションなので、昼間はスキーやスノボを思いっきり楽しめる場所にあるんです。

1つのかまくらは、大人2名で利用できる広さとなっていて、人数分の寝袋とピロー、シュラフカバーが用意されています。例年の飯山市の1月、2月の最低気温はマイナス15度位になるそうですが、かまくら内の温度は外気温に比べると暖かく感じられますし、下にはスノコを張り、銀マットも敷かれているそうです。

夕食は18:00頃から、かまくらの中で信州産みゆきポーク、地元産の野菜がたっぷり入った戸狩自慢の郷土料理「戸狩鍋」をいただきます。木製のテーブルとコンテナ(椅子代わりとなるもの)を置いて、かまくらであったかい鍋をみんなでつつくなんてなかなかできない体験ですよね。1人1本お銚子もつくので体の中から暖まりそうです。

写真:戸狩温泉「暁の湯」とお食事処「とがり亭」

写真:「暁の湯」の露天風呂

お風呂は、徒歩で1分のところにある温泉「暁の湯」を利用できますし、基本はゲストハウスでの宿泊にかまくら体験付きのプランとなっているため、どうしても寒いからリタイアしたい〜という時はもちろん星の宿の客室で寝ることができるので安心ですよ。

写真:GUEST HOUSE星の宿の本館客室

かまくらの利用時間は、17時から翌朝7時まで。朝食はプランに含まれていませんが、チェックインの際に申し出れば別途料金で用意してもらうことができますし、道の向かい側にはミニコンビニがありますので、そちらでも朝食を調達できます。

宿泊は1日3組限定で、予約状況は(12月中旬現在)1月の平日と3月であればまだまだ予約が可能とのこと。一度問い合わせてみてくださいね。

今シーズンの戸狩温泉スキー場は、おんせんニュースでも紹介した日本初の雪ちゃりスノーパークもオープン。いっぱい遊んだあとは、かまくらホテルでワクワクドキドキの宿泊体験してみませんか?
(まとめ・文:hotspring727)

<AD>



かまくらホテル(GUEST HOUSE星の宿)

http://www.togari.jp/hotel/index2.html

所在地:長野県飯山市豊田6382   GoogleMAP
TEL:0269-69-7878

●宿泊について
かまくら宿泊体験開催期間:2019年1月27日(日)~2月28日(木)
*GUEST HOUSE星の宿は、2018年12月22日から宿泊が可能

宿泊料金例)
1泊夕食付 1室2名の1名あたり
1日リフト券付きかまくらホテルプラン 11000円〜(消費税込・入浴料込)
*かまくらホテルは、星の宿の宿泊料金に3,000円加算での宿泊体験になります
*子どもはかまくらでの宿泊不可

標準チェックイン/アウト
15:00/10:00
(かまくらホテルの利用は17:00〜翌7:00)


かまくらホテルがあるGUEST HOUSE星の宿の写真などを楽天トラベルで見る


かまくらホテルがあるGUEST HOUSE星の宿のクチコミなどをじゃらんnetで見る


野沢菜や自家製りんごジュース・リフト券も!野沢温泉村のふるさと納税を楽天市場で見る


 
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »