温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

ドライブ♨️東京から100キロ【埼玉・秩父長瀞】夏場にこそ是非行きたい温泉

「夏は温泉入らないよ。だって暑いじゃん」という声をたまに耳にします。気持ちはわからなくもありません。

でも、ジメジメする日本の夏場こそ、温泉にしっかり浸かって、汗を洗い流し、風呂上りに冷たいモノを口にしたときの快感を覚えると、なかなかヤメられないものです。

秩父・長瀞エリア屈指の「秩父温泉満願の湯」

というわけで、夏場、特に筆者が出向く機会が多くなるのが、埼玉の秩父・長瀞にある「秩父温泉満願の湯」です。

かなり有名な施設で、テレビ番組などで「秩父の温泉」が紹介される際は、よくオンエアーされるところです。自然豊かな秩父エリアには複数の温泉施設があり、その全てに浸かりましたが、アクセス、アットホーム感、充実感で言えばやはり「秩父温泉満願の湯」が群を抜きます。

写真:秩父・長瀞の自然に溶け込むように作られた「秩父温泉満願の湯」の露天風呂

秩父の自然豊かなロケーションが多くの観光客を惹きつける

東京から秩父は約90キロ前後の距離感です。首都高速から関越自動車道に乗り、花園インターチェンジで降ります。国道140号を西に25キロほど走り、そこで西関東連絡道路(皆野寄居バイパス)に乗り、さらに10キロほど行った皆野長瀞インターチェンジを降りて、ようやく秩父・長瀞エリアに着きます。

正直、高速を降り、下道を走った後、また高速に乗ったりして、結構面倒臭くも感じるエリアなのですが、そこまでしても多くの観光客を来させてしまうのは、やはり界隈の自然豊かなロケーションが他では味わえないものだからでしょう。

荒川の上流が流れる長瀞エリアは、特に夏場はライン下り、ラフティング、釣りなどが楽しめます。

かき氷のメッカもある。秩父は夏場こそ楽しめる避暑地

また、その荒川近くにある阿佐美冷蔵は、かき氷のメッカ的スポット。綺麗な水をキンキンに凍らせた、かき氷目当てに連日長蛇の列ができることで知られています。
つまり、秩父は夏場こそ楽しめる避暑地的なエリアなんですね。

写真:秩父・長瀞の名物、かき氷。暑い夏にこそ食べたい甘味です

温泉と納涼を一度に楽しめる秩父・長瀞

その長瀞からさらに山を上り、奥長瀞と呼ばれるエリアにあるのが「秩父温泉満願の湯」。

施設は庶民的な和風の作りですが、清潔さが保たれており、なんだか実家に帰ってきたようなゆったりとした雰囲気です。

写真:「秩父温泉満願の湯」は露天風呂だけでなく内湯ももちろん最高。角のない丸い肌当たりの温泉で、ずっと浸かっていたくなります

温泉は単純硫黄泉、冷鉱泉があり、いずれも「角がない」というか、丸い肌当たり。そのせいか温泉にもずっと浸かっていたくなりますし、冷泉もキンキンではないためずっと浸かっていたくなるという、なんだかちょっと病みつきになる温泉なのです。

露天風呂のロケーションも最高で、日野沢川の穏やかな川の流れを見ながら、満願滝の水の音をBGMにすれば、体はポカポカ、気分は納涼。こんな温泉、他ではなかなか見つけられないんじゃないかと思います。

写真:「秩父温泉満願の湯」から眺める満願滝。見ているだけで涼しい気分になります

もちろんグルメ、名産も

もちろん、秩父・長瀞エリアはグルメ、名産の買い物も充実しています。

特に筆者お勧めが、うどん、そば、中華麺といった麺類です。秩父・長瀞エリアの美味しい水と澄んだ空気によって、いくつかの製麺所があり、これらのうどん、そば、中華麺などが近隣の道の駅やスーパーなどで購入できます。

こういった麺類を、東京の自宅に戻って、茹でて冷やして食べるのもまたオツなもの。是非、この暑い夏場こそ、秩父・長瀞に遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。

(まとめ・文:松田義人、制作:Vermiliおん)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

楽天ふるさと納税で人気ランキングを見る♫

楽天ふるさと納税で体験型返礼品を探す♪

この記事もおススメ!
人気記事