温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

ドライブ♨️東京から100キロ【神奈川・南足柄】森林浴と温泉が一度に楽しめる「理想の温泉」へ

温泉ファンの人に「理想の温泉は?」と聞くと、たいてい「自然に囲まれている」「湯当たりが柔らかい」「できるだけ長く浸かっていられる」といった声が上がります。でも、こういった「温泉の理想」を全てクリアする施設は稀で、たいていはその理想に近いところでヨシとすることが多いです。

なのですが、神奈川県の南足柄市にある大雄山という小高い山の一角に、この「温泉の理想」を全てクリアした施設があると聞き、数年前に初めて行き、以来3ヶ月に2回ペースで通っている温泉があります。その名も「モダン湯治 おんりーゆー」。

穏やかな山の中にたたずむモダン温泉

東京から南足柄市まではちょうどカッキリ100キロ前後。東名高速に乗り、大井松田インターチェンジまで約1時間。そこから国道78号線を西に10キロほどで大雄山に着きます。

写真:南足柄付近から眺める富士山

大雄山は南足柄市の観光名所で、パワースポットとしても有名な最乗寺を有しますが、よく観光地ズレはなく、極めて穏やかな山。

写真:南足柄・大雄山の中にあるパワースポット・最乗寺。かわいらしい巨大な下駄のオブジェがあります

この大雄山の整備された林の森を抜けると、その一角に「モダン湯治 おんりーゆー」があります。

写真:大雄山の綺麗に整備された林

「モダン湯治 おんりーゆー」は、“モダン湯治”を謳っているだけあり、施設全体が洗練されていて、スタッフの対応も皆さん丁寧で穏やか。

施設はオープンエアスペースも多く、天候次第ではリクライニングも自然環境の下で行うことができます。つまり、自然環境をうまく取り入れながら、利用者の機能性も十分兼ね備えた超理想的な温泉施設です。

写真:「モダン湯治 おんりーゆー」の自然環境を生かしたリクライニングスペース。マイナスイオンを存分に浴びられます

あえての38度。その理由は?

肝心の温泉はアルカリ性の単純硫黄泉ですが、特筆すべきは38度という温度。

このややぬるい温度のおかげで、数十分~1時間くらいは軽く温泉に浸かることができます。また、小さいながらもサウナもあり、こちらも湿度が低く設定されており、やはり長時間入っていられます。

つまり、「モダン湯治 おんりーゆー」は、慌ただしく温泉に浸かるのではなく、あくまでもスローに、長時間体の芯まで癒しを与えてくれる「温泉の理想」を全てクリアした施設なんですね。

写真:自然に溶け込む「モダン湯治 おんりーゆー」の露天風呂。ややぬるい温度のおかげで、温泉に浸かりながら、居眠りしている人も(笑)

実際、神奈川県の温泉ランキングでは1位を取ったこともあるようで、筆者のように比較的遠方からの来館者も少なくないようです。

入館料金は1900円と日帰り温泉では高い部類に入りますが、タオル類、館内着などは全て込み。是非一度訪れてみてください。

温泉の後は、南足柄を散策

そして、この「モダン湯治 おんりーゆー」で気分がすっきりした後は、大雄山から下山し、町を散策しましょう。

写真:南足柄市にほど近い小田原港

南足柄界隈は個人経営の飲食店、地域密着型のスーパーなどもいくつかあります。また、小田原港が近いこともあり、朝採れの旬の魚も安く購入できます。もちろん、美味しいお寿司屋さんもいくつかあります。

帰りの魚のお土産用にクーラーボックスを車に積んで行ってみるのもお勧めですよ!

(まとめ・文:松田義人、制作:Vermiliおん)

この記事もおススメ!
人気記事