各地の温泉から発信される温泉ニュースをピックアップ!

【長野】食いしん坊は注目!美味しいアート巡りで信州満喫!北アルプス国際芸術祭が今年初開催

長野県北西部、3000m級の山々の麓にある、大町市。アルプスの澄んだ空気に育まれたこの土地ならではの食文化、そして地域を再発見するアートの祭典「北アルプス国際芸術祭」が2017年6月4日から開催されています。

国内外から36組のアーティストが参加する今年初開催の注目の芸術祭です。そのアート作品は、北アルプスの大自然や町の中に溶け込んでいます。

長野県大町市 北アルプス国際芸術祭

写真:「Bamboo Waves」ニコライ・ポリスキー 八坂地区にある竹林の美しさに深い感銘を受けて製作した作品




長野県大町市 北アルプス国際芸術祭

写真:「セルフ屋敷2」コタケマン 「命の誕生」をテーマに、地元商店街に呼びかけ、日常で出た卵の殻を集めて絵や装飾を制作

写真で紹介したものの他にも、信濃大町商店街のあちこちに貼られ、時間とともに消えていくアート「ちかく・とおく・ちかく」。北アルプスの自然を磁器で表現しながら、室内をひとつの庭園空間ととらえた「北アルプス高瀬川庭園」。

集落そのものを作品にしたり、山頂の空き家をつくりかえたり。既成概念にとらわれない、斬新な試みがアートの中で表現されています。

この土地ならではの食も芸術として楽しめる!

そして地元の食材を使ったさまざまな「食」が舌も楽しませてくれます!

信州といえばやはりお蕎麦。「タカラ食堂」では、揚げ蕎麦のサラダ、蕎麦粉のクレープ、蕎麦の衣に包んだ海老マヨネーズなど、まさに蕎麦づくし!スペシャルなお蕎麦を体験してみてください。

長野県大町市 北アルプス国際芸術祭

写真:タカラ食堂の蕎麦前菜五品盛り。遊び心たっぷりの前菜が楽しい!

「ビストロ傳刀(でんどう)」では、ポークソテー、信州牛のハンバーグステーキ、安曇野産の若鶏のソテーと、3種類のお肉を一度に味わえる贅沢プレートが!もちろん野菜も信州産のものを使ったこだわりのメニュー。食材豊富な信州をまるごと味わえるんですね。

長野県大町市 北アルプス国際芸術祭

写真:ビストロ傳刀自慢のオリジナルデミグラスソースは、信州の高原野菜をふんだんに使い、手間暇かけてじっくり煮込んだもの

長野県大町市 北アルプス国際芸術祭

写真:塩の道ちょうじやの「小祭りドルチェ」明治23年に建築され、塩の道の歴史を感じることができる母屋も見どころ

アートサイトを巡り、地元の食材を満喫したら、JR信濃大町から車で約15~20分ほどのところに点在する温泉郷へ!その中のひとつ大町温泉郷は、黒部ダムに通じるアルペンライン沿いにある温泉地です。

白樺の林に囲まれた静かな温泉でほっとひといき。北アルプス国際芸術祭のパスポートで入館料が割引になったりするサービスもありますよ。

広いエリアに見どころが点在する北アルプス国際芸術祭では、毎日運行されるアルプスバスや、周遊ツアー、レンタサイクルなども用意されています。まずはインフォメーションで行ってみたいところをチェックしてみてくださいね。

アート、自然、食を体全体で感じられる芸術祭。何か新しい発見がありそうです。
(まとめ・文:mashiro)

長野県大町市 北アルプス国際芸術祭

写真:「ウォーターフィールド(存在と不在)」 アルフレド&イザベル・アキリザン 仁科三湖のひとつである木崎湖に数艘のボートが島のように浮かぶ

北アルプス国際芸術祭

http://shinano-omachi.jp
期間:2017年6月4日(日)~7月30日(日)
問い合わせ:北アルプス国際芸術祭実行委員会
信濃大町駅前インフォメーションセンター
TEL:0261-23-5500

この記事もおススメ!