温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【冬季休業OPEN】河原を掘って入る野天&露天風呂で平家の落人伝説も残る秘境の渓谷美を堪能●秋山郷 切明リバーサイドハウス【長野県】



新潟・長野両県にまたがる秋山郷は、平家の落人伝説も残る、日本でも有数の秘境。秋山郷はまた、湯量豊富な温泉でも知られている。(積雪が3メートル近くなるため冬期は休館)

写真:日本有数の秘境・秋山郷 後方は日本百名山の苗場山

秋山郷の長野県側の最奥、中津川渓谷の河原から温泉が湧き出しており、河原をスコップで掘り、入ることもできる(スコップを宿で貸し出してくれる)。

写真:河原を手掘りして入る野天風呂。石の積み方で調整を

切明リバーサイドハウスの源泉も、宿の前を流れる川に自噴しているもの。それを直接引いているのでほぼ源泉、もちろんかけ流しだ。
ほぼ、というのは、気温により適温に保つため露天のみ加温を行っているということだ。加水・循環・消毒はしていない。

写真:アルザス地方の町並みを思わせる外観

露天風呂からは正面に中津川からそびえる巨大な岩である「夫婦岩」を望むことができる。宿の周囲は緑に囲まれ、とても美しく鮮やかな景観となる。

写真:一度に15名が入れる、夫婦岩を間近に眺める露天風呂

露天風呂は15人以上入れる大きさだが、一カ所しかないため、通常は貸切交代制、あるいは女性入浴中の札を掲げて入る方式となっている。

日帰り入浴については、午前中は清掃で時間が限られるが、お昼から午後3時くらいまでは比較的空いているとのこと、ただし宿泊の状況で日帰り入浴を休むことがあるので、お出かけ前には必ず電話で確認したい。

写真:すばらしい新緑を眺めながら源泉に入る。なんと気持ちのよいことか!

4月オープンだが、春先から7月前半までは比較的空いている。この間は山菜の豊富な季節となるため、夕食には採り立ての山菜料理が並び、山菜ファンにはおすすめの時期! 特にGW明けは、その日に採れた珍しい山菜をサービスしてもらえることもあるとか。

そして、6月下旬から7月上旬は、この時期しか採れない苗場山の根曲がり竹が味わえる。根曲がり竹とは太い鉛筆のような形をしたタケノコで、柔らかくて美味。この時期を狙って訪れる常連客も多く、週末は満室になることも多いので、ゆっくり楽しむなら平日がおすすめ!

写真:新鮮な山菜と、それを使った料理の一例

そして、夏は登山や釣りを楽しんだり、野趣あふれる河原でゆっくりと温泉掘りをして過ごすのもいいですね。

秋山郷のおすすめスポット
柱状節理の「布岩」、撮影スポットの「天池」、旅館裏手の「夫婦滝」や「蛇淵の滝」「大瀬の滝」、そのほかにも「ジオサイト」が多く存在していて、秋山郷は一日では回り切れないー。

詳しくは栄村秋山郷観光協会HP→http://sakae-akiyamago.com/

写真:シラカバなどに囲まれた池「天池」。晴れた日には水面に鳥甲山やシラカバなどの樹々が写り込み、絶好の撮影ポイント

写真:苗場山登山道一合目にある滝「大瀬の滝」。滝つぼから跳ね返るマイナスイオンたっぷり

●2019年の営業
2019年4月1日(月)より11月23日(土・祝)まで

(情報更新:吉川 2019年3月)

<AD>



切明リバーサイドハウス

http://kiriake-riverside.com/

長野県下水内郡栄村大字堺17878-2(秋山郷) GoogleMAP
TEL:025-767-2253

今年の営業は4月1日(月)~11月23日(祝)まで

●立ち寄り湯
営業時間:10:30~17:00
※宿泊客の状況で、日帰り不定休あり。要問合せ
定休日:不定休
料金:大人600円、子供300円


●宿泊について
宿泊料金例)
1泊2食付き 1室2名
スタンダードプラン 9,900円~11,000円(税込、入湯税別)

●宿泊者の温泉利用について
露天利用時間(宿泊した場合):
滞在中は24時間入浴可能(清掃時間を除く)
※混み合う時期は夜に女性専用時間を設け対処しています。

標準チェックイン/アウト
14:30/10:00

切明リバーサイドハウスの写真やクチコミを楽天トラベルで見る

切明リバーサイドハウスのクチコミをじゃらんnetで見る

温泉の宿泊券も!長野県のふるさと納税品を楽天市場で検索してみる

源泉かけ流しの紅葉露天風呂・甲信越
源泉かけ流しの紅葉露天風呂TOP



 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »