温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【福島】鶴ヶ城の光イベント・アイヅテラス2回目は和の伝統・絵ろうそくとのコラボ…アイヅテラス 体感!光の杜ミュージアム ~3/4

昨年2017年度、初の開催となった「アイヅテラス 体感!光の杜ミュージアム」。雪景色の鶴ヶ城本丸を中心とした幻想的なイルミネーションイベントが今年も2018年2月16日(金)~3月4日(日)に開催されます。

福島県会津若松市 鶴ヶ城本丸 冬のライトアップ アイヅテラス 体感!光の杜ミュージアム

写真:ライトアップに浮かび上がる鶴ヶ城本丸




NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台にもなった鶴ヶ城。天守閣の白壁に美しいプロジェクションマッピングを施したことが記憶にも新しく「鶴ヶ城=光の演出」というイメージがあるのではないでしょうか。

この誕生したばかりの美しい光のイベントに、昨年、約8,000人もの人が来場。第2回目となる今年は、「雪深い会津の冬に咲く花」をテーマとして、鶴ヶ城本丸を中心に冬の特性を活かしたLEDイルミネーションイベントとなっています。

今年の注目ポイントは、2018年2月9日(金)・10日(土)の2日間で行われた「会津絵ろうそくまつり」との連携です。

「会津絵ろうそくまつり」は、約10,000本もの絵ろうそくがともる、今年で19回目の開催となる和の灯りのイベント。会津の伝統的工芸品である絵ろうそくには1本1本に、菊や牡丹、藤などの様々な季節の美しい花が描かれています。

寒い冬の時期、花のない会津で花代わりに飾られるようになった絵ろうそくは、婚礼や仏壇に欠かせない大切なものでした。

今回の「アイヅテラス 体感!光の杜ミュージアム」では、地元の絵ろうそく職人さん達が協力。「絵ろうそくの花ミュージアムエリア」では、職人さん達が描いた花を、陣幕をイメージしたスクリーンに投影させ、一足早い春の訪れを幻想的に演出しています。

写真:絵ろうそくの花がスクリーンに投影される(右)さまざまなLED装飾(左)

なんだか、ろうそくの伝統の灯りから新たなLEDの灯りへ、そんなイメージが浮かぶような気がしませんか?

また、スクリーンだけではなく、地面にも花々を投影させている「プロジェクションエリア」では、雪をキャンバスに会津絵ろうそくの花々が咲き乱れ、作品を間近に感じることができます。

最後に3つめのエリアとして、「協力企業エリア」として、形も色も様々なイルミネーションがメルヘンチックな世界を演出。それぞれのエリアによって感じる美しさが違って、楽しめそうですね!

期間は2018年2月16日(金)~3月4日(日)で、開催時間は18:00~20:00の2時間。また、金・土は21:00までとなっています。

写真:LEDの灯りが雪に反射して明るい会場

「会津まつり協会」の星さんにお話を伺ったところ、注意点としては、鶴ヶ城公園西口は、廊下橋が架け替え工事のため3月末頃まで通行できないので、お出かけの際にはお気をつけ下さいとのこと。天候によってはライトアップ時間や内容が変更となる場合もあります。

また、このまだ新しい光のイベントがさらに盛り上がるように、FacebookやInstagramなどに撮った写真を投稿して欲しいとのこと。ぜひ、訪れた方はどんどんアップして下さいね!

(取材・文:さこ 情報更新2018年2月)

写真:昨年のイベントの様子。美しいライトアップに建造物が浮かび上がった


アイヅテラス 体感!光の杜ミュージアム

http://www.aizukanko.com/kk/festival/
開催期間:2018年2月16日(金)~3月4日(日)

開催時間:
18:00~20:00(日~木)
18:00~21:00(金・土)

開催場所:鶴ヶ城本丸
福島県会津若松市追手町1-1 GoogleMAP

入場料等:無料

問合せ:会津まつり協会
TEL:0242-23-4141

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »