温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【群馬】草津温泉で恒例の湯の花採取体験、なんと無料!今年は12/2、日本三名泉の湯の花を自分の手で取る希少体験!

2017年12月2日(土)、群馬を代表する名湯・草津温泉のランドマーク・湯畑で、年に一度の一般人による「湯の花採取体験」が行われます。

群馬県草津温泉 湯畑 湯の花採取体験

写真:草津温泉のシンボル、湯畑




有馬、下呂温泉と並ぶ日本三名泉の一つ草津温泉

恋の病以外効かないものはない」・「草津の湯は医者いらず」と言われるほど、神経痛や筋肉痛などの身体の内側の痛みに、火傷・切り傷などの外傷、さらに慢性婦人病・高血圧症などなどまだまだ効能がずらり。

日本屈指の酸性度を誇り、そのpH値は2.1もあるそうで、殺菌効果抜群です。

そんな草津温泉の中心にあるのが「湯畑」です。テレビや雑誌などで目にする機会も多いこのスポット、デザイン・設計の監修は「芸術は爆発だ!」の岡本太郎氏。唯一無二のまさに草津のシンボルですね。

周辺には東屋となっている足湯、ベンチや遊歩道もあり、夜はライトアップ(日没後~23時)されていて一日中賑わっています。湯畑ライティングは毎日日没~23時まで行われています。

群馬県草津温泉 湯畑 湯の花採取体験

写真:夜はライトアップされる湯畑

草津温泉では、湯畑マニアにはたまらない、ライブカメラによる湯畑ライブ中継動画も配信中ですよ。

もともと湯畑とは、各温泉地で湯の花を採取したり、湯の温度を調整するために設けられた施設です。草津の源泉も湯温が高く、湯畑では約52度の湯が毎分4000リットル以上湧き出ているのだとか。

この湯畑で一年に一度だけ、一般の方が中に入って効能あらたかな湯の花をその手で採取できるイベントが今年2017年は12月2日にある湯の花採取体験なのです!これがなかなかの高難関なのですが…。

・限定30名
・予約不可
・先着順

戦前は薬品として販売されていたという草津の湯の花。

しかも直接湯畑に入って、混じりっ気なしの純度100%の新鮮な湯の花を自分の手で取れるという滅多に出来ない貴重な体験!温泉好きな方ならぜひ参加したい垂涎のイベントとなっています。

なお、参加者一人が取る湯の花の目安は、だいたいひとすくい(約100g前後)とのことです。

群馬県草津温泉 湯畑 湯の花採取体験

写真:年に一度、湯畑に入って湯の花を採れる貴重すぎる体験

開催日時は2017(平成29)年12月2日(土)・午前10:00~
参加に当たっては、湯の花は衣服を傷めるので汚れてもいい服装で、当日は防寒対策をしっかりと!なお、湯の花採取体験に参加される方には、カッパ、手袋、長靴は準備されるとのことです(無料)。
なお、採取した湯の花を自宅で使う場合、湯の花で浴槽がいたむ可能性もあるので(追い炊き機能のお風呂は使用不可)要注意。

その他、詳しくは下記ホームページを見るか、草津温泉観光協会までお問い合わせください。
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/event/detail/index.php?eid=489

今回は行きたいけど参加できない、また草津の湯の花をぜひ自宅で楽しみたいという方、草津町ではおよそ2ヶ月に一度の割合で湯畑の湯の花を採取して販売しています。

1年に6000~8000個ほどしか販売されていない、こちらも貴重なものですが、町のお土産物屋さんや宿泊施設で販売されています。

表記の「発売元・群馬県草津町」を目印にしてくださいね。

運よく湯の花を手に入れたら、自宅のお風呂がたちまち草津の湯です。寒い季節、名湯の湯で温まりたいですね。(まとめ・文:えこぴ)

群馬県草津温泉 湯畑 湯の花採取体験

写真:湯の花が真っ白についた湯畑の湯滝

草津温泉湯の花採取体験

https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/event/detail/index.php?eid=489
日時:2017(平成29)年12月2日(土)午前10時~
※多少の雪や雨、風であれば開催。実績でいえば過去18回開催で中止になったことはありません。

会場:草津温泉・湯畑
群馬県吾妻郡草津町草津 GoogleMAP

受付:午前9時~「熱乃湯」前
問合せ先:草津温泉観光協会
TEL:0279-88-0800

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »