温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【青森】日本最北端の温泉郷で超新鮮あんこう+温泉無料!津軽海峡で水揚げのアンコウを味わおう!風間浦鮟鱇感謝祭 2/3



青森県の本州最北端の温泉街である下村温泉郷では鮟鱇が活きたまま水揚げされます。年に一度真冬に開かれる、その名も風間浦鮟鱇に感謝するお祭りを紹介します。

写真:風間浦村が誇る活鮟鱇。立派!!




青森県の下北半島に位置する風間浦村は、古くから湯治場として人々が訪れた下風呂温泉と、ウニやアワビ・イカなど海の幸が獲れることで知られています。黒マグロで有名な大間町に隣接していることからも豊かな漁場に恵まれていることが想像できます。

そして、この風間浦村で近年注目されているのが風間浦鮟鱇(かざまうらあんこう)です。
この風間浦鮟鱇、以下の厳しい基準のクリアが必要となるそうです。
・全重量5キロ以上(2キロ未満はタグをつけて放流)
・生きたまま水揚げ
・12月~3月に獲れたもの
・胃の内容物を取り除いたもの

写真:雪上の鮟鱇。まだ生きてる⁉


基準を全てクリアした鮟鱇は主に村内の旅館や飲食店で提供され、刺身で食べることが出来るほど新鮮なのだとか。これには高い技術の処理方法の確立も一役かっているそうです。そんな風間浦鮟鱇を手軽に味わい、めったに見ることが出来ない捌き方を間近に楽しむことが出来るお祭り、風間浦鮟鱇感謝祭が毎年冬に開催されます。
今年は2019年の2月3日(日)。風間浦ならではの感謝祭とは…。

●数量限定!鮟鱇汁と鮟鱇鮨

写真:具だくさんの鮟肝入り鮟鱇汁。

写真:産地で味わう鮟鱇鮨。生で食べられるのは新鮮な証拠。

あん肝入りの鮟鱇汁(300円)、鮟鱇鮨(3貫500円)を販売!風間村浦商工会で前売り券が販売(2019年1月4(金)~1月25日(金))されますが、当日券(整理券配布)も数量限定ですが用意されていますのでご心配なく。
特に鮟鱇鮨は他所ではほとんど食べることができない産地ならではの料理です!

●下風呂温泉無料入浴券配布(※イベント当日のみ有効・20枚程度)
津軽海峡を望む小さな温泉郷ですが、なんと3つの源泉があります。共同浴場2か所(大湯・新湯)と下風呂温泉の各旅館で配布当日に入浴が可能とのこと。
800円で3か所に入浴できる湯めぐり手形も販売されているので気になる源泉のお風呂を調べて改めて温泉巡りをしてみては?
また、幻の路線と言われる大間鉄道下風呂駅跡に誰でも利用できる源泉の足湯があります。こちらは冬季はお休みだそうですが、海を眺めながらひと休みできますよ。
下風呂温泉郷の詳細についてはこちらをどうぞ→https://www.shimohuro.com/下風呂温泉郷について/

●限定20名!鮟鱇どん引きくじ

写真:何を引き当てる?どん引きくじ

1回1000円で風間浦鮟鱇や活き蛸の足、鮟鱇鍋セットや、アロマ効果抜群の特産品のヒバのまな板などが当たるかも。なんと空くじなしの大盤振る舞いです。
鮟鱇やタコが当たったらその場で捌いてもらえる至れり尽くせりの嬉しいサービスもあります!
なお、風間浦村ではヒバの生産加工もさかんです。青森ヒバの製品を扱っている地元の村口産業のホームページです→http://ydonoki.jp/

●雪中切実演

写真:鮟鱇さんはスタンバイ完了です。いよいよ雪中切り実演。

鮟鱇といえば吊るし切りが有名ですが風間浦村では鮟鱇独特のぬめりを抑え、鮮度を保つため主に雪中切りが行われているそうです。
骨と歯以外は捨てるところが無いと言われる鮟鱇です。雪の上でどのように調理されるのか面白そうですね。

その他、鮟鱇にちなんだ料理が出店予定とのこと。噂ではラーメン?雑炊?
また鮟鱇と撮影ができるブースも設置予定なので、愛嬌ある鮟鱇との2ショットもおすすめです。
近々詳細が分かるそうなのでホームページをこまめにチェックしてみるといいかも!

鮮度自慢の風間浦鮟鱇を目で見て、舌で味わって、運がよければくじ引きで当てて存分に楽しむ感謝祭です。
雪の上で冷えた体はぜひ温泉で温まって冬の一日を楽しみましょう!

(まとめ・文:えこぴ)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
関連記事
No articles
人気記事
Translate »