温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【高知】県内7エリアの湯を制覇してペア宿泊券が当たる!湯めぐりスタンプゆラリーが2019年も開催中。はずれてもWチャンスやリーフレット提示特典も!~20年1月末まで


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事





今年が6回目となる高知県の「スタンプゆラリー」が始まっています。

7つのエリアに分けられた温泉施設をめぐり、エリアごとにスタンプを集めると宿泊券などの豪華商品に応募できますよ!




高知県内にたくさん点在する温泉をめぐるぜよ!

写真:第6回スタンプゆラリー リーフレット

高知県と言えば、思いつくのは最後の清流と言われる四万十川や、桂浜などでしょうか?

実は東西に細長い高知県内には、全エリアにたくさんの温泉も点在しているんです。

高知の温泉はバラエティに富んでいて、歴史ある温泉や山あいの秘湯など、それぞれ違った雰囲気を楽しめるところも魅力。日帰り温泉施設も充実しています。

名所も多いのでグルメや観光を楽しみながらめぐってみたいですよね。

スタンプゆラリーでは、高知県をAからGまで7つのエリアに分け、27の宿泊施設、日帰り入浴施設をめぐってエリアごとに1つずつスタンプを集めます。

7エリアを制覇すると10組にペア無料宿泊券(朝食付き)が当たります!5エリア宿泊または7エリア入浴制覇で20組に香美市特産品が。

日帰り入浴だけでも応募できるんですね。

そして外れた場合も、100名に無料入浴券が当たるので、応募して損はありません。宿泊券、無料入浴券とも、スタンプゆラリーに参加している施設のどれかになります。行きたいなと思っていた温泉が当たったらラッキーですね!

応募締め切りは2020年1月31日までなので、まだまだチャンスあり!今から高知旅行を計画してみるといいかも。

そしてもう一つの特典は、スタンプゆラリーのリーフレットを宿泊施設などで提示することで、入浴料割引などの優待が受けられるというメリットも。

宿泊の場合はモーニングコーヒーサービスが付いたりする特典もあります。

とりあえず高知県を旅行する際は、スタンプゆラリーのリーフレットを入手しておきたいですね!

リーフレットは各参加施設で手に入れることができます。応募も参加施設に提出するだけでOKなので、スタンプがたまった時点で応募しちゃいましょう。

写真:スタンプゆラリー参加施設はこちら!

日帰りで楽しめる施設も多数!

それではスタンプラリーに参加している温泉をいくつかめぐってみましょう!

まずは一番東側のAエリアから、馬路温泉です。

自然に恵まれたのんびりとした馬路村にあり、目の前に清流安田側が流れています。
川のせせらぎを聞きながら浸かるお湯は温泉療法にも適していて、初めは1日1回、5〜10ほど浸かるのがオススメとのこと。

写真:馬路温泉 人気企画の「バラ風呂」は2020年3月まで、毎月1日に開催!お姫様気分で温泉を満喫

<AD>馬路温泉の他の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

Bエリアのオススメは、龍河温泉。Ph値9.4のアルカリ性の温泉で、保湿効果のある美肌の湯と言われています。

写真:龍河温泉 地下1200メートルから組み上げるお湯はやわらかい肌ざわり

<AD>龍河温泉の他の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

そしてCエリアからははるのの湯です。
中四国最大級の温泉施設で、11種類ものお風呂があり、大浴場、露天風呂、寝湯、ツボを刺激する打たせ湯、砂風呂まで、充実した設備が自慢。露天風呂から眺める田園風景にも癒されそう。

写真:はるのの湯 日本代表選手の合宿にも使われている温浴施設

<AD>はるのの湯の他の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

ちょうど真ん中にあたるDエリアには、天然温泉龍温泉三陽荘。お湯は黄金色で、湯冷めしにくい泉質だそうです。

写真:天然温泉龍温泉三陽荘 黄金色のお湯は体の芯から温まる!

<AD>土佐龍温泉 三陽荘の他の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

Eエリアの東にある千年の美湯そうだ山温泉 和(やわらぎ)
Ph9.5のアルカリ性のトロっとした美肌の湯。客室では特に半露天風呂付きの離れが人気です。

写真:千年の美湯そうだ山温泉 和 その名の通り歴史ある名湯

<AD>千年の美湯 そうだ山温泉 和(YAWARAGI)の他の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

Fエリアには、四万十川の河口に位置する四万十の宿。自然の中のリゾートホテルです。お風呂は、温泉、薬湯、海水露天風呂の3種類。客室は、露天風呂付きの和洋室やロフト付和室などもあり、シンプルでくつろげる空間になっています。

写真:四万十の宿 四万十川のほとりにあるオシャレなリゾートホテル

<AD>四万十の宿の他の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

最後にGエリア、四国最南端の足摺岬にあるのが足摺国際ホテル。太平洋を望む抜群のロケーションで、露天風呂からも海を一望できます。

どの時間帯でも素晴らしい眺望を楽しめますが、特に露天風呂からの朝焼けがオススメだとか。早起きして入ってみたいですね。こちらは日帰り入浴はできませんが、リーフレット提示でコーヒーをサービス。

写真:足摺国際ホテル 露天風呂からの日の出が楽しみ

<AD>足摺国際ホテルの他の写真やクチコミを楽天トラベルで見る

お遍路さんご接待の習慣があるせいか、ほとんどの施設で日帰り入浴ができたり、無料で足湯を提供しているところもあって、湯めぐりを満喫できそうですね!

スタンプラリーをしながらぜひお気に入りのお湯を発見してみてくださいね。

(まとめ・文:mashiro)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »