温泉好きによる温泉好きのためのWebメディア

熊本「杖立温泉鯉のぼり祭り」約3500匹もの鯉のぼりが空を泳ぐ春の風物詩!4/1〜5/6

熊本県阿蘇郡北部にある杖立温泉では、2022年4月1日〜5月6日に、春の風物詩「杖立温泉鯉のぼり祭り」が開催されます。4月のうちから、早くもたくさんの鯉のぼりが杖立川の上を気持ちよさそうに泳ぎはじめ、桜のシーズンには桜とのコラボも楽しめます。

令和2年7月の豪雨災害からの復旧が進み、温泉街の街歩きが楽しめる新たな取り組みも続々とスタートしていますよ。

写真:見上げると本当に鯉のぼりが空を泳いでいるよう。

鯉のぼり祭り発祥の地は、実は杖立温泉

現在では全国各地で開催されている鯉のぼり祭りですが、発祥の地はこの杖立温泉の鯉のぼり祭りで、今年で42回目の開催となるそうです。40年以上も前から行われている、恒例行事なんですね。

約3500匹もの鯉のぼりが杖立川の上空を泳ぐ様はまさに壮観!

写真:温泉街一帯に鯉のぼりの風景が広がる

3500匹の鯉のぼりなんて、一気に見る機会はあまりないですよね。見たことない人には、数が多すぎて想像もできないと思いますが、様々な色の鯉のぼりが風にたなびく姿は、圧巻です。

季節も桜の時期から新緑の時期へと、鯉のぼりのカラフルさに追いついてくる時期。山間の春の自然の彩りと清流の上を泳ぐ鯉のぼりの競演はInstagramなどにぜひ残したいですね!

全国からの寄贈によって泳ぐ大量の鯉のぼり

熊本県小国町 杖立温泉鯉のぼり祭り TuetateOnsen,oguni-town,Kumamoto pref,JAPAN  A lot of carp in retro cityscape

写真:全国から寄贈された鯉のぼりが空を舞う

鯉のぼり祭りの始まりは、杖立川の川岸にロープを付けたボールを投げて鯉のぼりを吊るしたもの言われています。その後、小国町の婦人会にお願いをして鯉のぼりを寄贈してもらい、次第に全国から寄贈されるようになりました。

今までに何万本もの鯉のぼりが杖立温泉に贈られたそうです。全国からの温かな寄贈によって成り立っていたんですね。

熊本県小国町 杖立温泉鯉のぼり祭り TuetateOnsen,oguni-town,Kumamoto pref,JAPAN  A lot of carp in retro cityscape TuetateOnsen,oguni-town,Kumamoto pref,JAPAN  A lot of carp in retro cityscape

写真:こどもの日が含まれるGWは家族連れも多い

しかし、令和2年7月の豪雨で温泉街の中心部を流れている杖立川が氾濫し、鯉のぼりを吊るすためのポールを立てるための基礎がなくなってしまい、開催が困難な状況になっていたのだそうです。

その後20ヶ月ほどが経過し、ほとんどの宿泊施設が営業を再開している今、またさまざまな方々の支援を受け実施が決定した鯉のぼり祭り…。カラフルな鯉のぼりたちが空に泳ぐ姿は、新生活を始める人も多いこの時期に、人々の心に明るい気持ちを運んでくれそうですね。

杖立温泉の街歩きを楽しむ

写真:川沿いに旅館が建ち並ぶ温泉街

杖立温泉は、神功皇后が応神天皇を出産した際の産湯と伝えられ、平安時代初めに弘法大師空海も訪れ、歌を詠んだ歴史ある温泉地。

九州の奥座敷と呼ばれていた時期もあり、現在では昭和の薫りが煙るレトロな路地めぐりが楽しめる個性的な温泉地になっています。

写真:足湯

大分と熊本の県境を流れる沿いの谷間の狭地に様々な旅館が18軒あるだけでなく、共同浴場や足湯のある公園もあります。

それでは、今後もさらに復興を進めていくために始まっている、新たな取り組みについて紹介していきますね。

杖立温泉ならではの『蒸しみくじ』

写真:無料で利用できる蒸し場

杖立温泉の特徴は、およそ98度という高温の源泉が自噴していること。日本でも有数の良質の温泉として、湯治客に愛されてきた歴史があります。

加えて、高温の源泉ならではの湯けむりの風情も楽しめ、無色透明のきれいなお湯は肌にうれしい天然保湿成分のメタケイ酸を多く含む美肌の湯、女性にも人気の本格派の温泉地です。

写真:蒸すと文字が浮き出る蒸しみくじ(1つ200円)

蒸し料理を作って食べることもできる蒸し場を気軽に楽しんで欲しい、と登場した『蒸しみくじ』は中心部にある足湯「御湯の駅」横にあるガチャガチャで販売されています。

蒸し場の近くには野菜や卵の無人販売所(自動販売機)があるので、そちらで購入したお芋などを一緒に蒸して食べるのがオススメ。

おんせんニュースでは、無人販売所(自動販売機)についても以前に紹介しているので、そちらの記事も一度読んで見てくださいね。

エコバッグスタンプラリー

写真:杖立温泉観光協会で1枚800円で販売

そして、おみくじや食材の蒸しあがりを待つ間にもぴったりなお楽しみが、オリジナルのエコバッグ作りです。

杖立温泉観光協会で無地のエコバッグを購入すると、スタンプの設置場所が載っているMAPがもらえますので、散策しながらスタンプを押していきましょう。

写真:オリジナルのエコバッグが完成!

スタンプは、アーティストの若木くるみさんによるもので、置いてある場所によって形や色が異なるのだそう。

デザインを考えるのが楽しくなりますね!

長年愛されるキャラクター『杖じぃ』

写真:いろんな場所に隠れている「杖じぃ」を探せ!

顔に“つえ”の字がなんとも愛らしい杖立温泉のゆるキャラ『杖じぃ』は、長年地元の方々に作られ温泉街の各所にそっと置かれていたのですが、こちらも豪雨災害の際に流出してしまったのだそう。

今回、改めて100体の杖じぃがワークショップなどを通して作成されました。温泉街の各地に隠れていますので、家族や友達と一緒に探すと盛り上がりそうですね。

おみやげにぴったり!カラフルな「手ぬぐい」

写真:足湯など各所に飾り付けられている手ぬぐい

日本で唯一の全館畳敷きの美術館として知られる「坂本善三美術館」ゆかりのアーティストと、杖立温泉がコラボしたカラフルな手ぬぐいが温泉街の各所に飾り付けられています。

鯉のぼりを眺めることができる観光協会近くの足湯にも飾られているので、ぜひチェックしてみてくださいね。全6種、1枚800円で購入できます。

写真:もみじ橋の屋根の下にはたくさんの絵馬が!

また、こちらは以前から観光客の皆さんに楽しまれていたそうですが、杖立川下流にかかる屋根のついた「もみじ橋」は、実はパワースポット的な人気を誇る場所。屋根にずらりと絵馬らしきものがかかっています。

よく見てみると、普通の形の絵馬やハート形の絵馬の中に、杖立温泉ならではの『絵鯉』と呼ばれる魚の形をした絵馬も吊るされています。

“絵鯉=絵恋い”として、願い事を書いて吊るすと特に“恋(こい)”の願いが叶うと評判になったのだそう。『絵鯉』はもみじ橋のたもとにある「ふるや工房」さんで購入できます。

写真:3月末に完成予定の新しいパンフレット

1番混雑が予想されているのはやはりG.Wなどで、オススメは平日だそう。地域と全国の方々の温かな気持ちで開催されている「杖立温泉鯉のぼり祭り」。ぜひ、圧倒的な数の鯉のぼりを見に杖立温泉に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(まとめ・文:ゆきさね/hotspring727、情報更新:hotspring727 2022年3月)

楽天トラベルで人気温泉宿ランキングをみる♪

楽天トラベルで温泉宿を予約する♪

<AD>


杖立温泉鯉のぼり祭り

http://tsuetate-onsen.com

開催場所:
熊本県小国町 杖立温泉一帯 GoogleMAP ※杖立温泉観光協会
開催期間:2022年4月1日(金)~5月6日(金)

問合せ:杖立温泉観光協会
TEL:0967-48-0206

杖立温泉のホテル旅館一覧を楽天トラベルで見る

杖立・黒川温泉の人気温泉宿ランキングをチェック!

熊本県のふるさと納税を楽天市場から検索してみよう!

 
この記事もおススメ!
人気記事