温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【長崎】霧氷咲く雲仙!地獄を利用した「エコたつ」、毎週土曜には冬の花火も・雲仙灯りの花ぼうろ2018・2月3日より

日本全国、極寒の日々ですね。寒いからこそ咲き誇る美しい花、それが長崎県島原半島にそびえる雲仙岳の「花ぼうろ」こと霧氷です。この「花ぼうろ」の季節をより盛り上げようというイベントが雲仙温泉街で2月に行われる「雲仙灯りの花ぼうろ」です。

muhyo_unzen_city

写真:美しい木々についた霧氷「花ぼうろ」。画像提供:雲仙市

氷点下の環境で水蒸気(つまり霧)が樹木に付着して発達したもので、小さな粒上の氷がキラキラ輝くさまはまさに「冬の華」。雲仙岳では12~2月の間、月平均12~14日ほど霧氷を見ることができます。

霧氷の付着状況は雲仙ロープウェイのHPでも情報公開しています

http://unzen-ropeway.com/

image

写真:雲仙灯りの花ぼうろのイルミネーションの一部(画像提供:雲仙温泉観光協会 以下同)

霧氷に負けじと夜空を彩る花火は毎週土曜日の21時30分から

「雲仙灯りの花ぼうろ」は雲仙温泉街がイルミネーションで彩られたり、2月の土曜日に冬の花火があがったりすることで有名な恒例のイベントで、年々盛大になってきています。

hanabi

写真:土曜日には花火が温泉街を盛り上げる

今年のイルミネーションは「光の童話」として、旧八万地獄雲仙普賢岳の噴火を題材にした絵本「くろい山」をイルミネーションで表現するとのこと。

地元住民も滅多に見れない花ぼうろ(霧氷)をイメージしたイルミネーションもあり、雪が降ると銀世界の中で本当に幻想的だとのこと。

雲仙のプロガイド・さるふぁさんと「地獄の夜の顔」を訪ね歩く「地獄のナイトツアー」や、雲仙の商店街を500円のワンコインで楽しめるおもてなしメニュー「ワンコインまちあるき」なども訪れた人を楽しませてくれます。

写真好きのイベントが今年は増えています。雲仙温泉内の複数のポイントで写真を撮影し、それを対象の店や宿で見せるとプレゼントがもらえるフォトラリーに加えて、Instagramで「#雲仙灯りの花ぼうろ」をつけて投稿すると、宿泊券や特産品などが当たるキャンペーンもあります。スマホは必携ですね。

ilumi

その中でも、他の地域では見られないぬくぬく体験が「エコたつ」。雲仙といえば地獄、その地獄の地熱を利用したエコロジーなオープンエアこたつなんですね。

ekotatsu

写真:地獄の真ん中で、お友達と団らん。楽しそうですね!

アトラクションは花火がある夜に集中しているのですが、この時期の「エコたつ」は昼限定で開催されます。地獄の地面にこたつが設置されているだけ、というなかなかシュールな風景なのですが、料金もかからず、飲食の持ち込みも自由。

地獄で蒸した卵とあったかいドリンクでも持ち込んでこたつにもぐりこめば、なんだか雲仙のど真ん中のこたつカフェみたいじゃないですか。いいなあ。花ぼうろ期間中のエコたつは2月の毎週日曜日の10~15時開催です。

関連記事
【長崎】温泉地ならではの地熱を利用した「エコタツ」で、温まりながら星空観察。雲仙温泉で毎週土曜日開催


期間中、霧氷がついた日は、ロープウェイの割引乗車券をプレゼントも

さらに「灯りの花ぼうろ」期間中(2/4~2/24)、霧氷(花ぼうろ)がついた日に雲仙温泉に宿泊していたお客様に、ロープウェイの割引乗車券もプレゼント。霧氷の付着状況は毎朝8:30ごろには旅館・ホテルのフロントで確認できるので花ぼうろを見たい人はぜひ申し出て下さいね。ただし、一部割引乗車券プレゼントを行っていない旅館・ホテルもあるとのこと、予約時に確認しましょう。

muhyo

写真:雲仙温泉の宿泊者はロープウェイがお得に

海に面した小浜温泉や島原城下町から車でわずか30分ほど、九州では珍しい幻想的な冬の別世界に、手軽に入り込むことが可能な雲仙。平地に比べると5℃程気温が低く、近さのわりに非常に寒いとのことなので、防寒対策は万全に。またその分温泉の温かさが身に沁みますね。

(情報更新:さこ 情報確認:2018年1月)

雲仙灯りの花ぼうろ2018

http://www.unzen.org/blog/archives/989
期間:2018年02月03日(土)~年02月24日(土)
開催時間:17:00~22:00 ※イルミネーション点灯時間

〇灯りの花ぼうろ花火の宴
温泉街の冬の夜空に咲く花火
開催予定日:
2/3・10・17・24(毎週土曜) 21時30分~打ち上げ

〇霧氷ムービーウォーク
期間中金曜夜開催。雲仙山の情報館別館にて
キャンドルがともるムーディーな中で、花ぼうろの動画をプロジェクター上映(上映時間5分ほど)。
雲仙のプロガイド・さるふぁさんの案内も大好評。無料

〇地獄のナイトツアー<br>
日中とは違った表情を見せる「夜の地獄」を雲仙のプロガイド・さるふぁさんがご案内。
期間中月~土曜日開催 20:15~21:15 一人500円

〇エコたつ
地獄の地熱を利用した「エコなコタツ」
期間中日曜日開催
10:00~15:00

※各イベントは天候により中止する場合あり。
その他いろいろあり。詳しくは下記リンクへ。
http://www.unzen.org/blog/archives/989

問合せ:雲仙灯りの花ぼうろ実行委員会(雲仙温泉観光協会内)
TEL:0957-73-2233

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »