温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【青森】和と最先端の光に彩られる雪の中の弘前城に大雪像!冬の花火も…みちのく五大雪まつりの1つ、弘前城雪燈籠まつり2/8〜11



青森県・弘前市の弘前公園では、「みちのく五大雪まつり」の一つ、「弘前城雪燈籠まつり」が2019年2月8日より開催されます。今年で43回目の開催となるまつりは、雪の白さを背景に、伝統的な雪燈籠、そしてプロジェクションマッピングの色鮮やかな光で照らし出された弘前城をメインとした冬ならではの美しさに出会えるまつりです。

写真:夕闇に浮かび上がる弘前城の勇壮な姿




第43回弘前城雪燈籠まつり」は、桜の名所として人気の弘前城をメイン会場として行われます。1977(昭和52)年に始まったこのイベントは、「長くて辛い、北国・弘前の冬を楽しく演出しよう」と市民手づくりで行われています。

雪のイベントは、地元の方々が「やっかいな雪を好きになろう!家に閉じこもってないで外に出よう!」という気持ちで開催するようになったものが多いんですね。

43回目ともなると、弘前の冬の風物詩。毎年このイベントを楽しみにしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
特に今年の冬は、根雪になるのも早く、外出するのも億劫になってしまいそうです。そんな寒い弘前の冬の夜こそ「弘前城雪燈籠まつり」に出かけましょう!

名称にもなっている「雪燈籠」は、会場の弘前公園内に約150基作られます。この「雪燈籠」は「ミニ」ではありません。大きさは約2m、ねぷた絵をはめ込んだとても美しい燈籠です。ライトアップされた弘前城と灯りの点った150基の燈籠が雪の中に並ぶ様子は「雪国って美しい。雪がたくさん降ってよかった」と思えそうですね。

写真:白銀の世界に映える、ねぶた絵の色鮮やかな雪灯籠

また、見所は「雪燈籠」だけではありません。まず、1つ目は「大雪像」。こちらは、毎年モチーフが変わる雪像で、陸上自衛隊弘前駐屯地協力隊が制作しています。

今年のモチーフは「旧弘前市庁舎」。この市庁舎は、すでに解体されており、現存していない建物。平成元年にも第雪像のモチーフとなった旧市庁舎が、平成最後のまつりを締めくくることになります。

写真:スケールの大きな雪像は、見るものを圧倒!/写真は一昨年の「旧弘前市立図書館」の雪像

また「大雪像」の見所ポイントは、大きさやライトアップの美しさだけではありません。なんと、大雪像をスクリーンにして「プロジェクションマッピング」が行われるんです。

建物の壁をスクリーンにするものは、よく見かけるようになりましたが、「雪像」をスクリーンにできるのは、雪国ならではですね!真っ白な雪の壁なら、映像もとてもきれいに映えそうです。

プロジェクションマッピングのスケジュールは、18時から20時30分まで、30分間隔で1日計6回開催予定です。ただし、9日(土)は、19時から冬花火の打ち上げ予定なので、19時30分からの回は実施しないとのこと。また、今後の変更も予想されるので確実にみたい方は、直前のHP確認をお忘れなく!

2つ目は「津軽錦絵大回廊」。こちらは、毎年8月に開催されている「弘前ねぷたまつり」に出陣したねぷたで実際に使用されていた「鏡絵(ねぷた本体正面の絵)」や「見送り絵(本体裏面中央部の絵)」で作られた、津軽錦絵の回廊が出現。内側から光で照らされた錦絵は、冬なのにとてもあたたかな雰囲気です。

通常、ねぷたに使用された錦絵は、ポチ袋に加工されたりするそうですよ。

8月にねぷたまつりを見られなかった人も、実際に使用されていた錦絵を間近で見られるチャンスです。迫力のある、ねぷたの雰囲気を冬でも体感できそうですね。

3つ目は「冬に咲くさくらライトアップ」。

「弘前城=桜」というイメージがある方も多いと思います。弘前城といえば、日本有数の桜の名所ですものね!実は、真冬の今も弘前城の桜を見ることができるんですよ。

「真冬に桜?」「早咲きの品種?」と思われるかもしれませんが、現在、弘前公園外濠で見ることができるのは「雪のさくら」なんです!桜の枝に雪が付いた様子は、満開の桜のよう。ライトアップされることで、「雪のさくら」がとても美しく、浮かび上がりますよ。こちらはすでにライトアップが始まっていて、2月28日まで楽しむことができます。

その他にも、「ミニかまくら」や「弘前冬花火」、「弘前雪明かり」など見所がたくさんありすぎて、伝え切れません!

夜のライトアップだけではなく、日中も露店が軒を連ね、子どもが楽しめる滑り台などの遊び場などもあるので、朝から夜まで弘前城雪燈籠まつりを堪能できそうですね。

写真:屋根の雪が日の光に輝く、昼間の弘前城も必見

弘前の市内外にはバラエティに富んだ温泉もたくさんあるので、温泉宿に宿泊して弘前観光を満喫するのも良いですね。寒い弘前の冬をあたたかく照らす「弘前城雪燈籠まつり」、雪国ならではの雪と光の世界を楽しみたいですね。

(まとめ・文:ゆきさね 情報更新:2019年1月)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »