温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【東北】高速定額乗り放題!2019東北観光フリーパスを検証してみた!単純往復ならどこまででモトを取る?



今年も高速道路が定額で乗り放題になる東北観光フリーパスが大好評発売中です。東北地方の高速道がそれぞれのプラン定額で乗り放題のうえ、なんと100か所以上の観光施設で優待特典を受けることが出来るスグレモノです!

写真:今年のポスター




NEXCO東日本が出している東北地方の観光復興を目的とした周遊パス、2019東北観光フリーパス が発売中です。
利用期間は2019年12月25日(水)まで(除外日あり)。夏の東北のお祭りや秋の紅葉シーズン、初冬の東北の景色など計画が膨らみますね。

この2019東北観光フリーパス

①東北6県を網羅した東北6県周遊プラン

②青森県秋田県岩手県及び宮城県の一部がエリアとなる北東北周遊プラン

③宮城県山形県福島県がエリアの南東北周遊プラン

④東北中央道を楽しむ東北中央道開通記念プラン

以上4つのプランがあり、それぞれ曜日を問わずに利用できる3日間のパスと、土日祝日を最低1日含む2日間のパスがあります(各パス普通車用と軽自動車等用あり)。使用には事前申し込みが必要です。出発日当日の申し込みもOK!(申し込み後にプランの変更がある場合は一度解約してからの再申し込みとなります)。

気になる料金は、東北6県周遊プランの場合普通車用2日間で7,500円
さらに、例えば連続した5日間東北をドライブしたい場合など、2日間プランと3日間プランを組み合わせて申し込めば利用OKです。

それでは、東北6県周遊プランを使うとどれだけトクになるのか、単純往復で検証してみましょう。
(もちろん乗り降り自由なので、何度も乗り降りするとそれだけお得度が増します)

<AD>



まずは福島県の南端から青森県の北端で検証すると1万円以上お得に!(東北6県周遊を使用)

東北6県周遊プランを利用して、利用エリア内の南端から北端を往復すると…

南端である白河IC(福島県)から北の端・青森ICは、通常料金(普通車)だと片道10,500円・往復21,000円。(ETC休日割適用で片道7,350円・往復14,700円)
つまり、最大13,500円もお得に!これって丸々2日分のガソリン代にもなりそう?

写真:東北6県周遊プランのエリア図

南からだと若柳金成IC(宮城県)以北の単純往復でモトを取る計算に

休日にETC割で単に一往復だけの場合と想定してみます。

エリア内南端の白河IC(福島県)からは北を目指すと、
東北自動車道で若柳金成IC(宮城県)で片道3800円となり、単純往復で7600円(普通車)。
つまり単純往復なら若柳金成IC(宮城県)より北で元を取る形になります。
※東北6県周遊プランの休日2日プラン(普通車)を使用の場合。

北からだと水沢IC(岩手県)以南の単純往復でモトを取る計算に

おなじプランで北端の青森ICから南を目指すと
東北自動車道水沢IC(岩手県)で片道3760円。単純往復で7520円。
つまり単純往復なら水沢IC(岩手県)より南で元を取る形になります。
※東北6県周遊プランの休日2日プラン(普通車)を使用の場合。

仙台空港からだと滝沢IC以北の単純往復でモトを取る計算に

また、仙台空港からレンタカー利用することもあるかと思います。
休日にETC割で単に一往復だけで検証します。

仙台空港から北方面は滝沢IC(岩手県)まで片道3,860円、往復だと7720円となるので、滝沢ICより北は単純往復でもモトを取る計算になります。

なお東北地方にある有料道路のうち、みちのく有料道路と第二みちのく有料道路は利用エリア外となりますので注意してください。




関東などエリア外からの利用は、入り口ICまでの料金に周遊プラン料金の加算でお得に

エリア外から使用する場合の例として、埼玉県の浦和ICからの発着で見てみましょう。

浦和~白河間の高速料金(普通車)は、

①平日昼片道料金 4,250円
②深夜ETC割片道料金 2,980円
③休日ETC割片道料金 3,220円

東北6県周遊プラン 2日間(普通車)のフリーパス利用で往復すると、 ①~②の日時に応じた往復料金にフリーパスの料金7,500円が加算されます。

例えば 往復深夜ETC割利用で、浦和IC発着する場合の白河ICまでの往復料金との合計額が13,460円になり、片道6,730円以上の料金でお得になります。

東北自動車道では北上金ヶ崎ICの片道料金までの片道料金に相当、また山形道経由では庄内空港ICまでの片道料金に相当するので、単純往復でそれ以上の高速道路利用であれば元が取れる計算になります。

単純往復よりも、乗り降りが多いとよりお得に!

さらに周遊パスではエリア内であれば乗り降り自由!短距離でも乗り降りが多ければ多いほどお得になります
東北6県周遊プランの他にも北東北周遊プラン南東北周遊プラン東北中央道開通記念プランがあります。訪れるエリアにあったドライブパスを選んでお得に利用してください。

なお、ルートや料金はネクスコ東日本のサイトで検索できます。
詳しくはこちらまで→http://www.driveplaza.com/traffic/

高速料金のほかに特典や優待もいっぱい!

そして、おススメポイントをもう一つ!
この東北観光フリーパスを利用することによって、エリア内の様々な施設で優待やプレゼントなど、なんと100か所以上で特典があるんです。

例えば
・レジャー施設入場料割引
・美術館や資料館入場料割引
・史跡拝観料割引
・飲食店利用時ドリンクサービス
・お土産物屋買い上げ金額により粗品進呈
・宿泊施設宿泊料優待
・宿泊施設粗品進呈
・温泉施設料金割引
・商業施設クーポン券プレゼント

などなど盛りだくさん!詳しくは下記ホームページ内を見てください(優待施設は季節によって変更する場合があるそうです)。
利用方法は対象施設で「申込完了メールを印刷したもの」または「申込完了メールの携帯画面」を提示するだけです。

さらに、この東北観光フリーパスに申し込みをした人限定で特設サイトにて簡単なアンケートを実施しています。抽選で特産物や観光施設の入場券が当たるそうですよ。東北観光フリーパスのご利用が終わったらぜひ参加してください。
https://www.driveplaza.com/trip/drawari/2019_tohoku/present.html

青森のねぶた祭り、秋田の竿燈まつりに大曲花火大会、仙台の七夕まつりに盛岡のさんさ踊り、山形の花笠まつり。そして何といっても秋の紅葉!

東北ではこれから本格的に観光シーズン突入です。おんせんニュースでも様々なトピックスを取り上げていますので是非参考にして下さいね!

(まとめ・文:えこぴ 情報更新:2019年4月 吉川)

<AD>



2019東北観光フリーパス

https://www.driveplaza.com/trip/drawari/2019_tohoku/

利用期間:2019年4月5日(金)~2019年12月25日(水) 但し2019年4月26日(金)~5月7日(火)、8月9日(金)~8月19日(月)は除く

開催地:東北6県

料金: (価格は2019年4月時点の消費税込料金)
<2日間>
東北6県周遊プラン2日間・軽自動車等6,000円 普通車7500円
南東北周遊プラン2日間・軽自動車等4,500円 普通車6,000円
北東北周遊プラン2日間・軽自動車等5,500円 普通車7,000円
東北中央道開通記念プラン2日間・軽自動車等3,000円 普通車3,800円

<3日間>
東北6県周遊プラン3日間・軽自動車等8,000円 普通車10,500円
南東北周遊プラン3日間・軽自動車等6,000円 普通車7,500円
北東北周遊プラン3日間・軽自動車等7,000円 普通車8,500円
東北中央道開通記念プラン3日間・軽自動車等3,900円 普通車4,900円

問合せ: NEXCO東日本お客さまセンター
TEL: 0570-024-024 または 03-5338-7524

東北の温泉旅館・温泉ホテルのランキングを見る(楽天トラベル)

ご当地グルメの予習に温泉宿の宿泊券もあり!
東北各県のふるさと納税品を楽天市場で検索してみよう!

青森県のふるさと納税品
岩手県のふるさと納税品
宮城県のふるさと納税品
秋田県のふるさと納税品
山形県のふるさと納税品
福島県のふるさと納税品

ホテル料金比較『トリバゴ』で近くのホテルを調べる




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »