温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【静岡・神奈川】伊豆・箱根ぐるっと満喫スタンプラリー2019で春ドライブを楽しもう!スマホ対応でらくちん・温泉宿泊券もあたる!



現在、伊豆・箱根・西湘エリアのスタンプラリーが実施されています。対象の有料道路や観光施設などを巡ってスタンプを集めると豪華商品のプレゼントが当たるかも!

スマホで簡単に参加できるスタンプラリーを楽しみつつ、春のドライブに出かけませんか?

写真:スポットをめぐると伊豆・箱根を満喫できるスタンプラリー




スマホでカンタン、ドライブスタンプラリー

写真:熱海ビーチラインでは全長6.1kmの海岸線をドライブ

スタンプをもらえるスポットは、有料道路のパーキングエリア、料金所、レストランを始め、その周辺の日帰り温泉やホテル、フェリーや観光施設など、合計36ヶ所もあるんです。

スタンプで応募できる賞は3つ。

対象有料道路のスタンプ5個で当選確率が3倍になる有料道路特別賞」、対象有料道路のスタンプ2個+対象有料道路または対象施設のスタンプ3個で当選確率が2倍になるぐるっと賞」、対象有料道路のスタンプ1個+対象有料道路または対象施設のスタンプ2個で「満喫賞」への応募が可能となります。

賞品は全て抽選となり、指定はできません。各賞1回限りの応募で、当選は一人1回。スタンプ設置箇所1ヶ所につき、1つのスタンプを押すことができます。また、スタンプを押せるのは、設置場所の営業・開館時間中のみなので、ご注意を。

写真:スポットにあるQRコードを読み取ってスタンプを集めよう

スタンプラリーに参加するには、スマホで「2019伊豆・箱根ぐるっと満喫スタンプラリー」にログインし、「参加する」ボタンを押します。あとは指定のスタンプ地点でスタンプを押印するだけ。スポットにQRコードが設置されています。(湯河原パークウェイ料金所、真鶴ブルーライン料金所、熱海ビーチライン料金所では、QRコードが書かれた紙を配布されます。)集めたスタンプは一目で確認することができますよ。

必要なスタンプ数が集まったら早速プレゼントに応募しましょう!

ドライブスタンプラリーで当たる賞品は、箱根、熱海、下田などホテルや旅館のペア宿泊券など、とても豪華!その他、日帰り入浴ペア招待券や、動物公園 、ミュージアムなどへの招待券や、蒲鉾やお菓子の詰め合わせなどのお土産も。 賞品については、下記のホームページでチェックを!

ドライブ中に、また行きたいと思った温泉地の宿泊券が当たったらラッキーですね!賞品の発送は、5月末から6月中の予定です。

ドライブスタンプラリーでビュースポットや温泉を満喫しよう!

スタンプを押せるスポットを巡ることで、伊豆・箱根・西湘エリアの魅力的なスポットをたくさんまわることができるんですよ!

ドライブインがスタンプのスポットになっている伊豆スカイラインは相模湾、駿河湾、富士山などの四季を通して絶景を楽しみながら走れる40.6kmのドライブウェイ。富士箱根伊豆国立公園内の山陵を走ります。道路沿線には、8ヶ所の展望所もあるので、車を停めてゆっくり眺望を楽しみたいですね。

ハイキングコースとしても知られる玄岳のインターは標高798.4m。丘の向こうに富士山が姿を現す瞬間は嬉しくなりますね!

写真:スタンプのスポットである料金所からも富士山がきれいに見える箱根スカイライン

料金所がスポットに指定されているのは箱根スカイライン。箱根外輪山の西側を走る5kmの観光路道路です。料金所付近の富士山は絶景です!

さらに、御殿場~箱根峠までの間、芦ノ湖スカイラインも利用すると、23km信号なしで走れるので渋滞も回避できるのだそうです。

箱根スカイラインの魅力は何と言っても富士山のビューポイントが連続していること!特にオススメのポイントは、標高1010mほどのところにある富士見ヶ丘公園の展望台。晴れた日には富士山のなだらかな裾野までパノラマビューで楽しめます。

他にも、箱根のホテルや伊豆高原の道の駅、富士山を眺められる日本最長の大吊橋「三島スカイウォーク」、豪華船内で駿河湾クルージングを楽しめる駿河湾フェリーなどもスタンプのスポットとなっていて、有料道路と組み合わせてめぐることで、伊豆箱根を満喫できる旅のプランができそうですね!

写真:スタンプのスポットの一つ、いちごプラザのいちご大福。お土産にいかが?

春の箱根・伊豆半島をドライブしながら、豪華プレゼントもゲットしてみてください!

(まとめ・文:mashiro)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »