温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【桜露天付客室3】部屋付き露天の傍らにプライベートしだれ桜・ひとりじめ花見の時間
●琴平花壇(香川・こんぴら温泉郷)

“さぬきのこんぴらさん”として親しまれ、最近ではスピリチュアルスポットとして注目を集める金刀比羅宮の近く、琴平山の裾野に立ち400年の歴史をもつ温泉旅館が琴平花壇。宿帳には森鴎外、北原白秋、与謝野晶子などの名もあります。

広大な日本庭園の中に建つ3棟の数寄屋造りの離れ、モダンな宿泊棟など、趣が異なる客室があるのもこの宿の特徴ですが、中でも富士見台棟の410号室はリビングのデッキテラスに檜の露天風呂が設けられ、その傍らにしだれ桜が。

写真は先代の桜の様子。昨年から現在の桜となり、成長中

現在の木はまだ若木で、先代の桜のように爛漫とまではいきませんが、精一杯花をつける様子がとても愛らしい桜木です。
このしだれ桜が終わりに近づくと牡丹桜が咲き、その後もツツジ、あじさいと、この客室では湯船に浸かりながらの花見が楽しめます。

また、同じ富士見台棟の露天風呂付きツインルームは、桜が直接眺められるわけではないけれど、テラスの外の山肌に桜の木があるため、開花の時期には花びらが湯船に舞い降りる日もあるとのこと。

天候や風向きなどの運に左右されるものの、2名で利用するならこのツインルームを予約すれば思いがけず風雅な花露天を満喫できる可能性もあります。

どちらの部屋もリピーターが多く、桜の時期は特に人気。来年予約するとしたら遅くても年明けには予約した方がよさそうです。

このほか、琴平花壇では、露天風呂「吉祥の湯」でも、清々しい竹林の風景とともに桜を眺めることができます。琴平山の自然に抱かれるように感じる露天風呂の泉質は単純弱放射線冷鉱泉。疲れを癒やすのに効果的です。




桜を眺められる客室で桜のアロマを楽しめるプランも

また、毎年4月上旬限定で登場するのが、桜が眺められる部屋確約の【お部屋から桜を眺める】春の風雅を愛でる期間限定プラン。
このプランで用意されるのは、富士見台棟の露天風呂付き和洋室のほか、庭園の中に建つ数奇屋造りの離れ・延寿閣、そして、桜を眼下に見下ろせる富士見台棟の和洋特別室。客室で桜のアロマが楽しるといったサービスもついたプランです。

残念ながら、2017年の桜シーズン(4月上旬)は既に【お部屋から桜を眺める】春の風雅を愛でる期間限定プランは、ほぼ満室。
しかしそれ以外のプランではまだ空室も少しあります。

とはいえ、部屋数が少ないこともあり早い者勝ちの世界。空室をみつけたらすぐ予約した方が良さそうです。

琴平花壇

http://www.kotohira-kadan.jp/
香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232

桜の見ごろ(例年):4月上旬~中旬

桜の種類:ソメイヨシノ・しだれ桜・ぼたん桜

宿泊料金例)
1泊2食付 2名1室の1名あたり
【お部屋から桜を眺める】春の風雅を愛でる期間限定プラン
富士見台 露天風呂付和洋室31,320円~(入湯税別)
※4月1日~15日限定

この記事もおススメ!