温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【花見露天】日本さくら名所100選へは徒歩圏内。露天風呂の真上で咲き誇る桜の花々●上杉の御湯 御殿守【山形】 

★緊急★ おんせんニュース存続のため、クラウドファンディング(出資)にご協力をお願いいたします!
一口5000円~・記事にしてほしい温泉地の投票権付・10月30日迄

古くから湯の町として栄えてきた赤湯温泉は、伊達藩・上杉藩ともゆかりが深い歴史ある湯。その裏手にある烏帽子山公園は「日本さくら名所100選」に選ばれた場所であり、そこからほんの徒歩数分の場所にある桜の宿が「上杉の御湯 御殿守」だ。

山形県南陽市 赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守 桜が見える露天風呂 花見露天

写真:一段高い「原石風呂」で花見の湯あみを




烏帽子山公園は、1000本という桜の本数もさることながら、その魅力は、25種類という桜の種類の多彩さ。大鳥居に映えるシダレザクラ、「二代目放鳥目白桜」「全国桜名木二代目園」「桜句碑」「輪廻の桜」などが見所で、山一面を覆いつくす様は息をのむ美しさだ。

そんな烏帽子山公園まで歩いてすぐ、という好立地にある「上杉の御湯 御殿守」は「東湯」「西湯」にあるそれぞれの露天風呂、それから足湯からも幻想的な桜の花見風呂が楽しめる。

宿から見れる桜は、山桜・しだれ桜だ。露天風呂の真上まで桜の花の迫る様は見事。桜の期間は夜の10時までライトアップをやっているので、夜空に浮かび上がる桜を眺めながら、ゆっくりと楽しみたい。

山形県南陽市 赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守 桜が見える露天風呂 花見露天

写真:日本一大石くりぬき風呂「龍神の湯」。まさに圧巻の大きな湯舟

例年の桜の時期は4月中旬~5月上旬頃だが、年々遅くなる傾向にあり、来る前に電話を入れて確認していく事をお勧めする。年により夢の様に見事に咲き誇る年と、そうでもない年があるという(女将談)。Facebookでも開花情報を発信している。

山形県南陽市 赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守 桜が見える露天風呂 花見露天

写真:東館特別室「山吹」には桜が見える内湯も

泉質は、含硫黄(ナトリウム・カルシウム)塩化物泉。源泉かけ流しの湯は浴用のほか、飲用もできる。西大浴場(大岩風呂)では飲泉が楽しめ、消化器や便秘に効能があるとされている。

春の料理というのは特にないと謙遜するが、せっかくここまで来たならご当地のブランド牛・米沢牛はぜひ食べたい。

山形県南陽市 赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守 桜が見える露天風呂 花見露天

写真:厚さ2センチの山形牛を使った「赤湯すき焼き」が名物。焼いてそのまま、あるいは温泉卵にからめていただいてもよし

山形県南陽市 赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守 桜が見える露天風呂 花見露天

写真:頭上のに降ってきそうな桜を眺めながらの露天風呂。


について

見頃:例年4月中旬~5月上旬頃
露天の桜ライトアップ:あり 日没後~22:00迄
桜の種類:山桜・しだれ桜

見頃チェックSNSまたはブログ:
https://www.facebook.com/gotenmori/

貸切桜露天:なし
桜露天付客室:なし
※桜が見えるガラス張り内湯の特別室あり


<AD>

上杉の御湯 御殿守

https://www.gotenmori.co.jp/

所在地:山形県南陽市赤湯989 GoogleMAP
TEL: 0238-40-2611

●立ち寄り湯
営業時間:11:30~15:00
定休日:不定休
立ち寄り料金 大人1000円  子供500円

●宿泊について
宿泊料金例
公式HP【スタンダードプラン】山の幸 雅膳 米沢牛すき焼き&山形牛もも石焼
北館和室を1室2名利用の場合  
1泊2食16,200円~(消費税込・入湯税別途150円)

・宿泊者の温泉利用について
露天利用時間(宿泊した場合):
11:30~24:00 / 04:00~09:30

標準チェックイン/アウト
15:00/10:00

クチコミ4.78 上杉の御湯 御殿守のクチコミや空室情報を楽天トラベルでチェック

上杉の御湯 御殿守のクチコミや空室情報をじゃらんnetでチェック

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »