温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【山形】小野川温泉にラーメン「どこでも出前」…地元の美味しいラーメンをどこでも味わえる!冬ならかまくらの中へも出前OK


●旅のおいしいニュースのおすすめ記事





小野小町にゆかりの山形県米沢市の小野川温泉では、屋外の休憩スポットに町内のラーメン屋さんが出前をしてくれます。足湯に癒されながら、または川のせせらぎを聞きながら、地元の美味しいラーメンを味わえる小野川温泉ならではのサービスです。

写真:10月1日、小野川温泉の温泉むすめ「小野川小町」が米沢市の観光大使となる「おしょうしな観光大使」に就任




米沢八湯の一つで、温泉街の宿全てがメタケイ酸たっぷりの源泉かけ流しという美肌の湯で知られる小野川温泉は、春は大樽川沿いの桜並木、夏はおんせんニュースでも紹介したほたるまつり、秋は小町山などの紅葉、冬は雪灯篭やかまくら村など四季折々の楽しみ方ができる温泉地です。

そして、小野川温泉でぜひ利用したいのが、ここならではのユニークなサービス「どこでも出前」です。

写真:見どころ&湯どころいっぱいの小野川温泉のマップ。4つの赤丸部分が出前スポット

温泉街の北側入り口にある龍華食堂の熱々ラーメンを、町内4か所(冬季1か所・その他の時期3か所)の出前スポットに配達してもらえるというもの。
出前スポット
①河川公園
②インフォメーション休憩所 片葉の葦
③露天風呂小町の湯

以上3つは春夏秋に利用出来ます(積雪時期はお休み)

④かまくら 積雪期間中(昨シーズンは1月19日オープン)、共同浴場滝の湯の裏にかまくら村がオープンします。
かまくらの中でいただく温かい出前は雪国ならではのお楽しみ!

写真:小野川温泉冬の風物詩・かまくら村(2019年1月撮影)

この出前をしてくれるのは、昔ながらの素朴で懐かしい味が地元で愛されている龍華食堂さん。
メニューは以下の通りです。
・豆もやしラーメン  900円(冬季のみ)
・なめこみそラーメン 900円
・のりのりラーメン  850円
・米沢ラーメン    700円

※冬季は「せいのそば屋」さんの出前メニューも加わります。

写真:冬季のメニュー表です(2019年1月かまくら村にて)

利用方法
・出前スポットにあるメニュー表に記載されたお店の連絡先に電話して場所と商品を伝える
・配達→受取 この時支払いをする
・熱々ラーメンを堪能
・食事後の食器はそのままでOK
※出前対応時間11:00~17:00
※月曜定休日(祝日の場合は水曜日が代休となります)

散策途中のひと休みや湯めぐりの合間などに、開放的な屋外や足湯につかりながら、または雪を眺めながらかまくらの中で、小野川温泉ならではのおもてなしで旅の思い出が一つ増えそうですね。

(まとめ・文:えこぴ 編集:hotspring727 )

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »