温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【栃木】那須塩原にいちごとミルクの究極スイーツ集合!とちおとめのふるさとで那須塩原温泉「いちごとみるくフェア」開催中



春が旬のフルーツといえばいちご!ベリー系女子が注目・遠征したいイベントを那須塩原市に見つけました。栃木県那須塩原市では、昨年12月から5月にかけて、いちごとみるくフェアを開催中です。
那須塩原の代表的な産物であるいちごと牛乳を使ったオリジナルスイーツをあちこちで楽しむことができますよ。

栃木県那須塩原市 いちごとみるくフェア とちおとめ 苺を使ったご当地スイーツ

写真:那須塩原市のお菓子工房エータローのいちごとみるくパンケーキセット




実は栃木県はいちごの収穫量が50年間日本一のいちご王国。肥沃な土地と美味しい水、日照時間がいちごの栽培に適しているのだとか。

有名ないちごのブランド「とちおとめ」を始め、「スカイベリー」など、デパ地下でも見かける高級いちごの品種のふるさとなんですね。

そして那須塩原市は生乳生産量が本州1位でもあり、9月2日を「牛乳の日」に制定しているほどなのです。

あちこちでいちごとミルクのスイーツを楽しめるいちごとみるくフェア期間中は、スタンプラリーも実施されています!

フェア参画施設のスタンプ3ヶ所分で5000円分の宿泊券、1ヶ所は宿泊施設を含むスタンプ4ヶ所分で10000円分の宿泊券が当たるというお得なスタプラリーです。スイーツ巡りをしながらスマホでスタンプを集めて、宿泊券をゲットしましょう!

写真:キティちゃんをあしらったいちごとみるくフェアのポスター

さて、このフェアで食べることができるスイーツ、どんなものがあるのでしょうか。

塩原温泉の梅川荘では、夕食のデザートにいちごとミルクを使った梅川荘オリジナルぜんざい「みるく白玉deいちごぜんざい」をいただけます。夕食後が楽しみになりますね。

写真左:塩川山荘 とちおとめのフレーズジュビレ 写真右:梅川荘 みるく白玉deいちごぜんざい

源泉掛け流しのちいさなホテル塩原山荘では、アイスクリームにアツアツのストロベリーソースをかけた「とちおとめのフレーズジュビレ」を夕食のデザートにいただけますよ。

飲食店ではまさにいちごミルクメニューの花畑!写真でその一部を紹介しましょう。

写真左:Bambi洋菓子店Bambiロールフルーツ 写真中:CAFE NOVIRO ストロベリーチーズケーキ 写真右:Boulanserie.Le.Bourgeon デブデブの実

インスタ映えしそうな可愛いメニューが勢ぞろいですね。ホームページでは各店のいちごミルクメニューの画像も掲載されていますので見るだけでも楽しくなっちゃいますよ。
個性的なメニューもあります。

写真左上:PatisserieMINORU とちおとめティラミス 写真右上:那須ガーデンアウトレット内クレープリィ那須とちおとめミルク 写真左下:レストランチッチ コースデザート フランジェリコ風味の杏仁ババロア ミルクソース 写真右下:パティスリーポンポネットいちごのプリンタルト

そして塩原温泉のスイーツで忘れてはならないのが「とて焼き」と呼ばれる、牛乳と卵を使ったオリジナルスイーツ。温泉街にとて焼きを扱うお店が13店舗もあるんですよ。

いちごと生クリームのスイーツ系はもちろん、コロッケや野菜を巻いたお食事系、お寿司屋さんの「寿司とて」まであります!いろんなお店の味を食べ比べてみるのもいいかも。

温泉街での移動は、塩原バスターミナルと上三依塩原温泉口を往復している「ゆ〜バス」が便利。1回200円、1日券400円も販売されていますよ。

スイーツ巡りのあとの宿泊はやはり温泉ですね!

那須塩原温泉は、なんと1200年以上もの歴史のある古い温泉。その規模も大きく、塩原十一湯と呼ばれるように11の湯元が点在し、約150もの源泉から温泉が湧き出しています!こういったたくさんの種類の温泉が湧いている場所は全国的にも珍しいそうです。

写真:にごり湯の宿 湯荘白樺では白いお湯を

写真:彩つむぎでは透明な湯を岩風呂で

体調やその時の気分に合わせて、お湯を選べるなんていう贅沢もできちゃいますよ。
(まとめ・文:mashiro)

<AD>




 
※消費税率につきまして※
おんせんニュースで表記している消費税込料金・価格表示につきまして、特に注意書きがない場合は、公開・更新日段階の消費税率になっています。
2019年10月1日より前の記事の中には、新税率10%に対応しておらず8%のままの記事もありますのでご注意ください。
この記事もおススメ!
人気記事
Translate »