温泉旅行好きにおすすめの温泉ニュースや旬のご当地グルメ・お得イベントをピックアップ

【群馬】1ヶ月間どこかでお花見!みなかみ桜マップで温泉桜旅を楽しもう!4月中旬~5月上旬



18もの温泉郷が点在する群馬県利根郡みなかみ町では、標高が低い市街地から山間部に向けて徐々に桜が開花していきます。その期間およそ1ヶ月。4月中旬から5月上旬まで春満開のみなかみ町で「みなかみ桜マップ」ができました。

写真:謙信の逆さ桜




新潟県と県境を接するみなかみ町。標高は低いところで約400m、利根川を上流に進むと約1400mと町内で1000m以上の高低差があります。このため町内では、4月中旬から5月上旬まで約1ヶ月にわたって桜が咲くそうですよ。

特に、迫る山々の緑とのコントラストや雪山をバックに咲き誇る満開の桜など、みなかみ町ならではの景色が見どころがいっぱい!そんなみなかみ町内の桜スポットをいくつか紹介します。

●名胡桃城址
真田昌幸(2016年NHK大河ドラマ「真田丸」でお馴染み、真田幸村の父上です)によって築城された名胡桃城 。豊臣秀吉の小田原北条討伐のきっかけとなった城としても有名です。現在は城跡が残るのみですが、整備された城址内では桜と菜の花のコラボも。

写真:真田昌幸が築城した名胡桃城。城跡は桜の名所となっている

●大中島公園
利根川沿いの河川敷にテニスコートがある大中島公園。コートの西側に桜並木があり 、約400mにわたって咲き誇る満開時の桜は圧巻です。

写真:大中島桜

●茂左衛門地蔵尊 (奥の院)
沼田領主の悪政で苦しむ領民を救うために命を捧げた月夜野の百姓「杉木茂左衛門」を祀る地蔵尊( みなかみ町観光協会・みなかみパーフェクトガイドより)。広い敷地内にはソメイヨシノやシダレザクラが。利根川を見下ろす高台にあり、桜と合わせて遠くに雪を頂いた山々が見られるかも。

写真:茂左衛門地蔵尊の桜

写真:奥の院の桜

●明川桜の里
みなかみ町藤原地区には1200本以上・18種類の桜があります。 地元の住人を中心に毎年少しずつ植樹して増やしていったそうですよ。多種多様な桜が1ヶ月にわたって花を咲かせ、里山という言葉がぴったりの小さな集落を彩ります。
専用駐車場はありませんのでご注意ください。

写真:明川桜の里

●諏訪狭
みなかみ町を代表する観光地。秋は紅葉狩りの名所としても有名です。冠雪の谷川岳と満開の桜の競演はここならではの絶景!

上記以外にも花見どころはたくさん!マップ中にある北観世音(奥の院)ではライトアップも予定されています。詳しくは下記ホームページを見てください。
また、観光協会のFacebook(https://www.facebook.com/enjoy.minakami/)やツイッター(https://twitter.com/enjoyminakami)で桜の最新開花情報を案内予定だそうです。

写真:赤谷湖畔の桜

みなかみ町には個性豊かな18の温泉地があり、その数は県内市町村でも1位だそう。

また、寒さが緩むこれからの季節、ツリートレッキングやラフティング、キャニオニング、サイクリングなどのアウトドアもシーズンイン。お花見と合わせて、湯めぐりやアウトドアスポーツを楽しむのもよさそう。

お花見&スイーツに興味があるなら、町内の老舗和菓子店大阪屋では柏餅、バームクーヘンのお店ガルバでは桜バームクーヘンを販売していて人気だとか。お花見しながらのティータイムにぜひ。

写真:桜バームクーヘン

(まとめ・文:えこぴ)

写真:別のアングルからみた謙信のさかさ桜


みなかみ桜マップ

http://www.enjoy-minakami.jp/pdf/2018sakuramap.pdf※PDF
所在地:群馬県利根郡みなかみ町各地

見頃期間: 2018(平成30)年4月中旬~5月中旬

問合せ先:みなかみ町観光協会
TEL:0278-62-0401

この記事もおススメ!
人気記事
Translate »